暮らし

「GooPass」カメラレンタルのサブスクの評判は?メリット、注意点を大調査

写真が好きでいろんな機材を試してみたいけど、買うとなると
高額でなかなか手が出ないといったことがあるのではないでしょうか。

カメラも小物もせっかく買うなら気に入ったものを買いたいですよね。

様々なカメラを試したい、1回だけの撮影に使いたいとお考えの方に、
「GooPass」カメラレンタルのサブスクがおすすめ。

とはいえ、カメラレンタルのサブスク「GooPass」がどうった
サブスクなのか、評判やメリットや注意点が気になるところでしょう。

カメラレンタルのサブスク「GooPass」の評判や口コミ、メリットや
注意点などを調査してみました!

「GooPass」カメラレンタルのサブスクの評判を調査

ここ数年で様々なサービスがサブスクで利用可能になりました。

カメラもサブスクで気軽に試せる時代になったのです。

カメラレンタルのサブスクはも他にもいくつかありますが、この記事では
「GooPass」をチェックしていきます。

「GooPass」のカメラレンタルサブスクの評判や口コミをみていきましょう。

いい感じに利用しています!

気軽に試せるのがよいと評価している方々のご意見がこちらです。

お子さんの撮影用に借りてみたらよかった、レンズを試してみたら、
思っていたよりもよかったなど、高額でなかなか手が出しにくいカメラや
レンズなどが気軽にレンタルできることを高く評価するご意見が
多く見られました。

よくない評判はある?

高く評価されている方がいる一方で、自分には合わなかった、
コストを考えると微妙といったご意見はないか、探してみました。

「GooPass」どうかな?というご意見がこちら。

月額料金が割高に感じる、人気の機材がレンタルできない、
梱包費用がかかるなど気軽にレンタルできるけれど、
希望通りにいかない不便さを感じている方もいらっしゃるようです。

「GooPass」がおすすめのタイプ

使ってみたかった機材が使えてうれしい、梱包費がかかる、
月額利用料が割高な気がするなど、様々なご意見がある「GooPass」。

「GooPass」がおすすめのタイプが気になるところですよね。

おすすめのタイプは次のタイプです。

  • いろんなカメラを試してみたい方
  • 欲しかったカメラ機材を試してみたい方
  • カメラ機材を長期間レンタルしたい方
  • 使用頻度が高くないカメラ機材を使ってみたい方
  • 高額なカメラを試してみたい方

「GooPass」では気軽にカメラを試してみた方や短期でも長期でも
高額なカメラを試してみたいというニーズに応えています。

1度だけの撮影でも長期間かけて使い勝手を試すのもあり。

初心者さんでもプロの方でも豊富な機材の中から選ぶことが可能。

高額なカメラを気軽に試せる、カメラ好きにはうれしいカメラレンタル
サブスクになっています。

ポイント
  • 高額な機材を気軽に試せるのがよいというご意見があ
  • 梱包費、月額料金などのコスト面が気になるという
    ご意見もある
  • 「GooPass」はいろんなカメラを試したい方におすすめ

GooPass 公式

「GooPass」のメリットを調査

高額なカメラを気軽に試すことができるカメラレンタルサブスクの
「GooPass」。

カメラレンタルサブクスはカメラを始めたばかりの初心者さんだけでなく、
プロやアマチュアの愛好家にも便利なサブスクと言えるでしょう。

ここからは高額なカメラを気軽に試せる以外の「GooPass」のメリット
紹介していきます!

レンタル期間の制限なし

「GooPass」のメリットのひとつめはレンタル期間の制限なしという点。

「GooPass」はサブスクにありがちなレンタル期限付きではありません。

レンタル期限に制限がないことで、長期間に渡りカメラの使い勝手を
チェックできるのはよいですよね。

これならちょっと使っただけではわかりにくい点も解消でき、安心。

「GooPass」の料金設定は月額パス制を導入しており、契約しているパスの
レベルと同じRank以下の機材がレンタルできます。

月額パス料金(税込)
パス料金レンタルできるRank
Lv16,360円Rank1のみ
Lv210,780円Rank1-2
Lv315,180円Rank1-3
Lv419,580円Rank1-4
Lv526,180円Rank1-5
Lv632,780円Rank1-6
Lv743,780円Rank1-7
Lv854,780円Rank1-8
Lv987,780円Rank1-9
Lv10109,780円Rank1-10

Lv1のRank1でレンタルできる機材 例

  • D3500 18-55 VRレンズキャット
  • Nis フィルター 可変ND VARIO-72mm
  • atx-I 11-16mm F2.8CF(キャノン用)
Lv5のRank1-5でレンタルできる機材 例
  • Z611ボディ
  • RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
  • EOS R6ボディ

といった具合にRankによってレンタルできる機材の幅は変わってきますが、
長期間試せるのはそのカメラ機材の使い勝手を試せるだけでなく、
自分に合う合わない、購入判断を検討できる材料にもなりますよね。

機材が豊富 

「GooPass」のメリットふたつめは選べる機材が豊富なこと。

初心者さんからプロ向きまで1,000種類以上のカメラ機材が揃っています。

「GooPass」でレンタルできる機材は次の通りです。

  • 一眼レフ
  • ミラーレス
  • ドローン
  • NDフィルター
  • アクションカメラ
  • ビデオカメラ
  • オールドレンズ
  • 三脚・一脚
  • 双眼鏡

使用頻度の少ないカメラもレンタルでき、カメラだけでなく
レンズや三脚などの撮影するにあたり必要なアイテムもレンタルが可能。

初心者さんは話題のミラーレス、カメラがベテランの方はドローンや
高額な望遠レンズなどはお試しで利用してみたいという方も多いのでは
ないでしょうか。

「GooPass」は初心者さんからプロの方まで使いたい!と思う
カメラ機材を網羅しています。

また借りた機材は同じRankであれば何度でも入れ替えでき、
次の契約更新まで別のカメラを借りることもできます。

例えば、SONYのカメラを2週間レンタルし、その後Canonのカメラを
2週間レンタルするなど、試してみたい機材をどんどん変えていくことが
できるのは、選べる機材が豊富である証拠。

レンタルできる機材が豊富にあるからこそ、実現できるプランであり、
メリットのひとつと言えますね。

補償制度もある

「GooPass」のメリット3つめは補償制度があること。

高額なカメラや周辺機材をレンタルした際に気になるのは壊れてしまった時や、
盗難に遭ってしまった時の補償制度がどうなっているのか、ですよね。

「GooPass」では通常利用による故障は自己負担なしとなっています。

ただし、ユーザーさんの不注意で破損してしまった場合は
Rank1で2,000円(税込)、Rank2以上で5,000円(税込)の免責義務が
生じるので注意が必要です。

いずれにしてもレンタル中に故障してしまった場合は即、「GooPass」の
運営サイドにチャットサポートで連絡しましょう。

盗難補償も月額料金の中に含まれているので安心ですが、紛失の場合は
全額実費補償となります。

通常利用により故障や盗難の場合の補償は付いていますが、
紛失すると実費請求となるので、レンタル品であることを忘れずに
取り扱う必要がありそうです。

ポイント
  • 「GooPass」はレンタル期間の制限なし
  • レンタルできる機材が豊富
  • 補償制度もある

GooPass 公式

「GooPass」カメラレンタルの注意点は?

選べるカメラ機材が豊富で、レンタル期間に縛りがなく、ある程度の
補償制度もあり、お得で安心なカメラレンタルのサブスク「GooPass」。

一見メリットが多めに感じられますが、デメリットや注意すべき点もあります。

始めるにあたり、デメリットや注意点も知っておきたいですよね。

ここからは「GooPass」のデメリットや始める際の注意点
チェックしていきましょう。

「GooPass」のデメリットを知る

レンタルの期限なし、選べる機材が豊富な「GooPass」ですが、
デメリットは次の点です。

  • 借りたい機材がレンタル中の場合がある
  • パスのRankによっては書類の提出義務がある

前述の評判、口コミで借りたい機材がレンタル中というご意見がありました。

「GooPass」はレンタル期間に制限がないため、ひとりの方が
ずっと同じ機材をレンタルしていることもある得る話です。

レンタルしたい時にできないこともあることを理解しておく必要があります。

また10段階あるパスのRankによっては身分証明書の提示が必要になります。

書類の提出が必要なRankは次の通りです。

Rank2~6身分証明書(免許証、マイナンバー・カードなど)
Rank7~10身分証明書(免許証、マイナンバー・カードなど)
+「GooPass」運営サイドからの電話での確認

Rankがあがるとレンタルできる機材の幅も広がるので、身分証明証が
必要になり、電話での確認もされる場合はあります。

今のところ、身分証明書の提出で利用不可を言い渡されたケースは
ないようですが、身分証明書の提示はRank2から発生するので、
注意が必要です。

梱包費用がかかる

「GooPass」は送料無料となっていますが、1回の注文ごとに梱包料が
発生します。

梱包料金は1,650円(税込)。

ただし、毎月1回梱包無料チケットがもらえる仕組みになっており、
キャンペーン等で梱包無料チケットが付属になる場合もあります。

1ヶ月の間に1機材をレンタルしている場合、梱包費用はかかりません。

ですが、複数レンタルしたり、月内で機材を入れ替えた場合は
梱包費用がかかりますので、注意しましょう。

決済方法と解約について

「GooPass」を始めるにあたり最も気になるのは決済方法と解約が
スムーズにできるのか、ですよね。

決済方法はクレジットカードのみ。

クレジットカードをお持ちでない方は利用できないので注意しましょう。

利用可能なクレジットカードは次の通りです。

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • AMEX
  • ダイナース

上記のカードが利用可能です。

次に退会したい場合はまず月額パスの解約手続きをします。

月額パスの解約手順
  1. マイページから「パスの変更」を選択
  2. 「パスの解約予約」をする

このステップで有料会員から無料会員への変更手続きができます。

契約更新日を過ぎてしまうとまた料金が発生するので、パスの解約は
契約更新日の前に必ずしましょう。

「GooPass」のサービスを利用しなければ、無料会員でいることもできますが、
完全に退会したいという場合はパスの解約手続きを済ませた上で
会員ページから退会手続きをします。

完全に退会するとなった場合、パスを解約後、会員解約手続き
2ステップになるので、注意しましょう。

ポイント
  • 「GooPass」のデメリットを知る
  • 送料無料だが、梱包費用がかかる
  • 支払いはクレジットカードのみ、退会手続きは
    有料パスを解約後に行う

GooPass 公式

まとめ

『「GooPass」カメラレンタルのサブスクの評判は?メリット、注意点を大調査』
ではカメラレンタルのサブスク「GooPass」の評判や口コミ、メリット、
始める際の注意点を解説してきました。

「GooPass」の評判やメリットは次の通りです。

  • 「GooPass」を高く評価したご意見が多い
  • 選べる機材が豊富で、レンタル期限がない
  • 補償制度もある

デメリットや始める際の注意点

  • 希望の機材がレンタル中の場合がある
  • 梱包費用がかかる
  • 支払いはクレジットカードのみ

といった点があがっていました。

ずっと使うわけではなく、スポットで利用したいといったケースは
日常でも考えられますよね。

例えばお子さんの運動会や記念の撮影にいい機材で撮影したい、
旅行に行くのに一眼レフを使ってみたい、ドローンの撮影に
チャレンジしたいなどニーズは様々。

購入すれば高額なうえに長期に渡って試すことはできませんが、
「GooPass」は必要なときだけレンタルで対応できる便利なサービスです。

しかもレンタル期限はありません。

またカメラと周辺機材の特化したサブスクなので、選べる機材が
豊富な点もユーザーが増えている理由のひとつと言えるでしょう。

写真を撮るのが好き、カメラが好きという方はぜひ「GooPass」の
レンタルカメラを活用し、充実したカメラ・ライフを楽しんでくださいね。

GooPass 公式