レンタル(家具・家電)

状況に合った女性の単身引越し計画と快適な一人暮らしの備え方!

桜の便りが聞こえてくるのも、もう間近。

新生活に向け、嬉々として支度を整えておられる方も多いことでしょう。

進学や就職のため、一人暮らしが始まる方にとっては
自由な生活を謳歌できる喜びの反面
一人きりになる心細さも感じておられるのではないでしょうか。

女性一人で安心・安全な暮らしを送るためには
十分な準備が必要です

楽しい一人生活になるよう、事前準備からチェックしてゆきましょう。

今の状況から選ぶ引越しプラン

新居への引越し。

実家から出て一人暮らしを始める方や
今まで一人暮らしをしていた住居から転居し
再び一人暮らしが始まる方と
それぞれの引越しタイプがありますよね。

引越しのプランにより、運ぶ荷物の違いがあります。

引越しサービス業者には、タイプ別で
費用を抑えられる引越しプランがあります。

同じことなら、お得に引越しましょう。

単身引越しパックと単身プランの違い

単身引越しパックは、業者が用意したキャリー付きコンテナに
ダンボール箱を積み込んで運びます。

引越し専用のトラックを使う必要がなく
基本的に訪問見積もりなし

業者は、梱包された箱をコンテナに積む作業のみとなり、人手が入らない為、そのぶん、費用は安くなります。

ただし、ダンボール箱を業者から購入しなくてはならない場合があります。

実家から出て、一人暮らしを始める方など
比較的、荷物が少ない方にはおすすめです

単身プランは、荷物が少ないながらも
ベッドや大きなタンスなど、家具類を運ぶ必要がある方向けです。

基本的に訪問見積もりがあり
トラックへの荷積みが必要となるため
単身パックと比べると、少し費用が増します。

ダンボール箱だけでは収まらない大型の荷物がある方は
単身プランが良いでしょう

どちらのプランも、繁茂期は金額が上がります。

通常期での移動を考え、ゆとりある引越しプランを立てれば
さらにお得になりますね。

安心できる女性の単身引越し

一人暮らしの女性で、家の中への男性の出入りに抵抗がある方には
レディースパックがおすすめです

訪問見積もりからすべて、女性スタッフが行い
重い荷物も、テキパキ素早く運び出してくれます。

ただし、業者により大きな家具や冷蔵庫といった物のみ
男性スタッフが行う場合もあります。

また、業者には女性スタッフが少なく
繁茂期のレディースパックは争奪戦になることも

女性が安心して単身引越しする為には
あらかじめの予約で、レディースパックをゲットしましょう。

自力で引越しのメリットとデメリット

荷物が少なく、比較的近距離への引越しである場合
自力での引越しを考える方もあるでしょう。

自力引越しのメリットは、引越し日程を自由に決められること
大事な荷物を、丁寧に破損させずに運べることが上げられます。

デメリットは、やはり人手

家族や友人など、お手伝いさんを
お願いしなければならないことでしょう。

レンタカーの費用やガソリン代
お手伝いしてくれた方へのお礼と、何より女性にはかなりの重労働にもなります。

よく考慮のうえ、トライしてみるのも良いでしょう。

失敗なしの単身引越し計画

新たな生活に必要な家具や家電品。

今までの家族との共同生活には必要だった物が、
一人の生活では不必要になったり、また逆に必要になったり。

現在の地域と所が変われば気候風土の違いもあり、
そのことで、必要になる物もあるでしょう。

暮らしのスタイルの変化に臨機応変に対応できるよう
失敗しない単身引越し計画を立てましょう。

かしこく買う、新しい家電製品

新たに購入が必要になる家電品。

購入時期や買い方で、金額に差があります。

一人暮らし用の、小型冷蔵庫や洗濯機は、家電品を取り扱う店では、
3月ごろにはフレッシュマン・フェアーなどのセールが始まる店もあります。

また、実店舗では価格が固定していますが
オンラインショップは、価格変動が頻繁に起こります

同じ商品が、オンラインショップでは安くなっていることもしばしば。

ただし、オンラインショップはクーラーなど
取付けが必要な物には、別途工事費が加算されることも

実店舗は、取付け工事費や消費税を
口交渉できる利点がありますね。

購入前に、細かい所を見落とさぬよう、お得にお買い物しましょう。

単身生活に便利な物

一人暮らしとなると、家電品だけでなく
こまごまとした物も揃えなくてはいけませんよね。

とりわけ調理道具は、小型の鍋に深い鍋、大・小のフライパン。

女性にとっては色々と欲しいところですよね。
ですが、荷物は増やしたくない

そこでおすすめは、無水鍋。

約60年前に日本で作られたそうで
現在も、愛され続けています。

無水鍋は、煮る・焼く・茹でる・蒸す・揚げる
そしてオーブンにも使え、ご飯を炊くこともできます。

ひとつあれば、ほとんどの調理はこなせそうですね

家電品で便利な物は、布団乾燥機です。

最近の布団乾燥機は、コンパクトでデザインもスタイリッシュ。
部屋の片隅に、見せる収納でも目障りになりません。

布団を乾燥させる以外にも
洗濯物を乾かすことができる製品も多く、部屋干しに便利です。

夜遅くに洗濯をした時や、ベランダの干し物から
女性の一人暮らしと憶測されることから身を守るためにも
おすすめです。

持って行きたいお役立ち品

家族との共同生活だった時にはあたりまえに家の中にあった物が
一人暮らしになると、無いと気付き困ることもあるでしょう。

準備をしておくと便利な物が、新聞紙です。

一人暮らしになると、新聞も気軽にデジタルで購読される方も
多いことでしょう。

新聞紙は、割れ物を包んだり、こぼれた液体の処理にと
何かと役に立ちます。

また、実家での新聞購読もなく
貰いに行くのも抵抗があると思われる方には
インターネットショップで、新聞紙を購入する事もできます!
意外にも人気商品の様です。

今は、なんでもインターネットで購入できますね笑

安心して一人暮らしをスタートさせるために

引越しの準備は、荷物をまとめることに集中してしまい
新居に移るための備えを忘れがちです。

新たな生活をスタートさせてから困ることのないよう
事前準備を確認してゆきましょう。

住み心地よりも大切な周辺環境

新居は大きな公園に囲まれ、豊かな自然が広がり窓から見える景色は、木々の緑のみ。

こんなお家は、想像しても素敵ですね。

ところが、犯罪者から見ると格好の狙い所

そびえ立つ木々が死角になり、部屋の窓から侵入する姿が見られないのです。

適度に人の目がある場所が、女性の一人暮らしには
防犯上良いでしょう。

また、家の前の道路が狭すぎるのも考え物です。

大型のトラックが入れず、引越しの荷物を運びこむことが困難になったり
救急車や消防車が入れなかったり。

まさかに備え、新居は慎重に選びましょう

やっておきたい引越し前の準備

転出届けやクレジットカードなどの住所変更手続きは
引越しをする2週間前には終えておきましょう。

遅れると手続き漏れになり
その後の動きが、スムーズに進まないことが
あります。

また、現在の住まいが賃貸である場合
引越しをする1ヶ月前には、解約の手続きをしましょう。

手続きが遅れると、転出をしてからも
家賃の支払いが発生してしまうことにもなります

公への連絡は、早めに済ませてしまいましょう。

新居に移って最初にしておきたいこと

新居が決まり、引越し作業が終了後は
なるべく早く、部屋の鍵を交換しましょう。

賃貸である場合、前の住人が部屋の合い鍵を
持っていることもあります。

大家さんに確認し、すぐ実行をおすすめします。

また、困り事が起きた時に相談できるご近所さんは、心強いものです。

ごあいさつ回りは、お忘れなく。

まとめ

単身での引越しと女性一人での暮らし。

これから始まる暮らしの準備を
期待と不安の入り混じる気持ちで
進めておられることでしょう。

快適な生活に大切なのは、周到な準備

しっかりと基礎を固めて、安心・安全な生活を手に入れ
新たな暮らしが、素晴らしい人生の幕開けとなりますように。

家具・家電は気軽にサブスク!CLASでシンプルライフを手に入れるCLASは、家具・家電をレンタルする新しいサブスクサービスです。 エリアも拡大し、より利用しやすくなりました。 家具・家電のサブスクサービス「CLAS」をご紹介しましょう。...