カーリース

車のサブスクKINTO(キント)の評判は?おすすめな人と利用する際のポイント3選

人気芸能人、菅田将暉さん・矢本悠馬さん・二階堂ふみさん出演、
TVCMでお馴染みの車のサブスクKINTO(キント)
一度は目にした事があるという方もいらっしゃるかと思います。

TOYOTA(トヨタ)の新車を定額で乗ることが出来るという
KINTOとはどんなサービス内容なのか?
気になるという方もいるのでは無いでしょうか?

そこで、今回はKINTOの気になる評判や、
どんな人におすすめなのかをご紹介していきます。

利用する際のポイントも合わせてご紹介していきますので、
ぜひ参考にして下さいね!

無料見積もり、WEB審査は
こちらの公式サイトからお申込みください

KINTO公式サイト

車のサブスクKINTOの特徴

様々ある、車のサブスク(カーリース)サービスですが、
まず、KINTOの特徴についてご紹介していきたいと思います。

他社とは違ったKINTOならではのサービスの特徴もありますので、
ぜひチェックしてみて下さいね!

お得なキャンペーンがある

KINTOでは、お得なキャンペーンも随時開催されています。

過去にどの様なキャンペーンがあったのかというと、
GRヤリスの車を最大で4泊5日借りられるキャンペーンがあったり、
車のコーティング・車内除菌をしてくれたりと、
その時々によって実に様々なキャンペーンが行われています。

キャンペーンの内容や開始される時期はその都度異なりますので、
ぜひお得なキャンペーンを見逃すことなくチェックしてみて下さいね!

キャンペーン情報は「KINTOの公式サイト」から
画面下の「現在実施中のキャンペーン一覧」で確認する事が出来ます。

また、KINTOのメンバーシップに登録すると、キャンペーンなどの
お得な情報や最新の車種情報をメールでいち早く届けてもらう事が可能です。

メンバーシップの登録は無料ですので、ぜひサービスの利用と一緒に、
登録しておくと便利ですよ!

メンバーシップの登録方法

  1. KINTOの公式サイトを開く
  2. ページ下部にある「メンバーシップに登録」のボタンをクリック
  3. メールアドレス・パスワード・利用目的(個人/法人)の選択をする
  4. 「メンバーシップに登録する」をクリックして完了

愛車ポイントで素敵な商品と交換が出来る

KINTOでは、安全でエコな運転をすると、
愛車エコポイントとしてポイントが貯まります。

この貯まったポイントは、グルメやキッチングッズ、
さらには宿泊体験ギフトなどに交換する事が出来るんです!

では、どの様にしたら、このポイントを
貯めることが出来るのかというと、

  1. 公式サイトにある「愛車ポイントサービスページ」にある対象の車種を契約します
  2. その後WEB上で契約の手続きをする際に、「愛車ポイントサービス」への利用申し込みのボタンをクリックし完了です

貯まったポイントを確認するには、
「MyTOYOTA for T-Connect」というアプリから、
自分の運転スコアや診断内容を確認する事が出来ます。

クレジットカードの利用が出来てポイントが貯まる

KINTOでは、車の利用料金をクレジットカードで支払う事が出来ます。

毎月利用料金がかかるからこそ、
カードの利用状況に応じてポイントが貯まると嬉しいですよね?

さらに、TOYOTAの「TS CUBIC CARD」を利用すると
1ポイント=1円でポイントのキャッシュバックも付いてきます。

車のサブスクKINTOの評判

ここからは、KINTOの評判をご紹介していきます。

実際に利用している人たちはどんなサービスがいいと思っているのか、
又どんな事に不満と思っているのか、ぜひ参考にして下さいね!

頭金必要なし、メンテナスありなのは魅力的

実際に車を購入するとなると、
購入に必要な頭金・税金・車検・メンテナンスと
月によって車にかかる出費は異なりますよね?

KINTOの場合、車を購入するのに必要な頭金は必要ありませんし、
車のメンテナンスなどの初期費用も月の利用料金に含まれていますので、
毎月決まった金額を支払えばOKです。

実際の利用者の声

女性の口コミ
女性の口コミ
KINTOの場合車を利用するその月から、契約終了まで毎月一定の決まった料金しかかからない為、ライフプランを立てやすい

男性の口コミ
男性の口コミ
まだ、入社したばかりで安定した収入がなく、ローンを組んでまで車を購入したくはなかったので、毎月利用料金が変わらず利用できるのは嬉しい

参照元:公式サイト

といった声があります。

KINTOで行えるメンテナンスは、契約期間により異なりますが、
主に、新車点検・12カ月点検・車検整備などがあります。

他にも、タイヤの交換やエンジンオイルの交換
エアコンフィルターの交換など消耗品の交換も可能です。

月額利用料に含まれる消耗品

エンジンオイル / エンジンオイルフィルター / エアクリーナーエレメント / タイヤ / バッテリー / ワイパーゴム / ウィンド・ウォッシャー液 / エアコンフィルター / ブレーキパッド / ブレーキシュー / ブレーキライニング / ブレーキフルード
/ 各種電球 / 各種電池(電子キー・カードキー等)

契約の途中で車の乗り換えが出来るのが嬉しい

KINTOでは、契約期間は3年・5年・7年の中から選べますが、
それぞれ一定の期間を過ぎると車の乗り換えをすることが出来ます。

それぞれ、3年の場合1年半後、5年7年の場合3年目以降になると、
新車への乗り換えが可能です。

サブスクの場合、新車で自分の好きな車に乗ることが出来るのも
魅力の一つだと思いますが、
KINTOだと契約期間が3年と長めでも
途中で乗り換えが可能なので嬉しいと評判です!

利用料金に任意保険が含まれるのは嬉しい

車のサブスクの場合、月の利用料金に、
任意保険までは含まれていないという所がほとんどです。

その為任意保険は自分で加入する必要があり、
保険会社を選んだり、手続きをしたりと面倒ですよね?

KINTOでは、月の利用料金に任意保険も含まれており
面倒な手続きを自分でしなくていいので楽!という声があります。

特に車の運転に慣れていない若い世代の方や高齢者の方は、
事故を起こす確率も高い為、保険料も高くなります。

その為、任意保険があらかじめ付帯してあると、自分で高い保険料を
支払う必要もないし、もしもの事故にも備えられて安心です!

任意保険の内容

  • 対人、対物:無制限 
  • 人身傷害:5000万

納車までがスムーズ

車のサブスクというと契約から納車までの手続きが面倒くさそう
というイメージが多いのではないでしょうか?

しかし、KINTOでは、納車までがとてもスムーズに進みます。

契約から申し込みまでの流れは後で詳しくご紹介しますが、
申し込みから、約1.5カ月ほどで納車が可能です。

さらに、申し込みから契約までWEB上で完結しますので、
お店に行く必要もなく、自宅で簡単に手続きが行えます。

法人契約の場合保険の適用範囲が限られる

車のサブスクを利用する方は、個人の方だけでなく、
会社で使う為法人で契約をするという方もいると思います。

この法人契約の場合任意保険の対象となる人に注意しなければなりません。

法人契約の場合任意保険の対象となる人は、
直接雇用となる人しか運転が出来ません。

その為、出向社員の方、派遣社員の方は、
運転する事が出来ず不便と感じる方も多いようです。

法人契約の場合、雇用形態にも気にして利用する必要があります。

しかし、この法人契約ですが、
毎月にかかる費用は全て経費として処理する事が可能となっています。

法人契約の場合、会社としての使用目的を考えながら、
利用を検討していくことが大切です。

車を長期で利用したい人には不向き

車を長期で利用したいと考えている人には、
KINTOのサブスクは少し不向きかも知れません

例えば、アクアの車種でKINTOを利用するとしたら、

3年契約で月々43,450円(ボーナス払いなし)で利用する事が出来ます。

購入するとしたら、

価格としては174万~200万です。

これをローンで購入する場合

3年で払うとしたら、月大体51,000円、
さらにボーナス払いあり(10万)にすると
月48,000円の支払いになります。

ローンだと返済期間が終われば、毎月の支払もなくなりますし、
十分な資金があるのであれば、一括で購入すれば月々の支払も必要ありません。

車を長期で利用する予定がある方には、
毎月かかる利用料金を払い続けるのはコスパが悪いといった声もあります。

仕事の転勤が無い方や、この先5年・10年と車を使う予定であるという
方には、KINTOのサービスは不向きかも知れません。

KINTOはこんな人におすすめ

ここまで、KINTOの評判について色々とご紹介してきましたが、
実際にどんな人におすすめなのでしょうか?

ここからは、KINTOのサービスがどんな人におすすめなのか、
ご紹介していきます。

新車に乗り続けたい人

KINTOがおすすめな人は新車に乗り続けたい人です。

購入した場合、車はどうしても古くなってしまうし、
その分メンテナンスも必要になってしまいますよね?

自分の車を持つことにそんなにこだわりがなく、
いつでも新しい車に乗りたいという方には、
新車のみ取り扱っているKINTOはおすすめです。

契約期間の途中でも新車への乗り換えが可能な為、いつでもピカピカの新しい車でカーライフを楽しむことが出来ますよ!

レクサスなどの高級車に乗りたい人

レクサスの様な高級車を購入した場合、
やはり車に乗り出すと、あの車は現行なのか、
今の車は1つ前の型・・・なんて気になる人もいらっしゃいます。

購入し、1〜3年以内に
マイナーチェンジした場合や、モデルチェンジした場合、
所有しているレクサスを下取りに出し現行モデルを購入するといった方もいらっしゃるかと思いますが、やはりそれは賢いお買い物ではないですよね。

そんな人には常に新車を乗り続ける事が車のサブスクはおすすめです!

「わ」ナンバーでは無いので、
誰からも車のサブスク(カーリース)なんて気付かれる事も無いので、
常に新車の高級車に乗っているあなたの街のご近所さん(あの人)も、
実は意外にもKINTOの様な車のサブスク(カーリース)なんて事も意外に多いです!

車を長期で利用する必要が無い人

ゆくゆくは親の車をもらう予定という方、今後海外勤務になる予定の方
など、長期で車を利用する予定が無い方は断然KINTOがおすすです。

いずれは車を手放すつもりの場合、購入してしまっては車を返却する際の
手続きもまたしなくてはなりませんし、
車に乗っている間は保険の加入もしなくてはなりません。

KINTOでは月の支払いをするだけで、
車のメンテナンスや車検代など諸費用もかからず、
また保険の加入もあるので安心です。

契約期間がすぎたら、そのまま車の返却をするだけでOKなので、面倒な手続きもかからず手軽に車を利用する事が可能!

始めて車に乗る若い人

KINTOは初めて車に乗る若い人達にもおすすめです。

その理由は、KINTOの月の使用料の所でもご紹介しましたが
任意保険が付帯されている為です。

一般的に任意保険の保険料は、

  • その車が全国的にみてどの程度事故の割合が多いのか
  • どの年代が事故の確率が多いのか
  • 等級(6S等級~20等級まである)
  • 免許証の色(ブルー・ゴールド)

これらによって保険料が決まります。

等級とは

自動車保険に加入すると必ず等級が付いてくる。
1年間の保険期間の間に事故が無ければ、次の契約更新の際に等級が1つ上がり、反対に事故をしてしまうと等級が3つ下がる。
等級ごとに割引率がある為保険料を決める一つの基準になっている。

この保険料の基準となる等級・年齢・免許証の色ですが、若い年代の方は
そのどれもが、保険料が高くなる要因になります。

まだ運転に慣れていない為保険料は高いですし、
自動車保険の加入も初めてという方は等級の割引率も一番低い6S等級からです。

その為、車の車種や加入する保険内容にもよりますが、
比較的保険料は高くなってしまいます。

大体年間で約6万~8万円、これに車両保険が付くと、年間約13万~20万
程の保険料がかかります。

普段は親の車を借りることが出来る、
大学進学を機に上京しその間だけ車に乗りたいなど、
若い年代の方は毎日車を使用する機会も少ないと思いますが、
そんな方こそ、KINTOを使って上手にカーライフを楽しむのもおすすめですよ。

KINTOを利用する際のポイント3選

ここからは、KINTOを利用する際のポイントをご紹介していきます。

契約から申し込みの流れや、気になる審査の条件などなど、
利用するにあたって知っていて欲しいポイントをご紹介しますので、
ぜひ参考にして下さいね!

申し込みから契約までの流れ

KINTOを申し込む際はWEB上で行うか、
実際に店舗に出向いて行う方法があります。

WEB上で行う場合

  1. お好みの車種やグレード契約期間を選びます
    (契約期間は3年・5年・7年から選べます)
  2. 追加するオプションを選びます
    (オプションは希望ナンバーや冬タイヤなども選べる)
  3. 個人か法人で借りるかを選ぶ
  4. 契約内容の確認画面が出てくるので、追加したオプションなどに間違いがないか確認する
  5. 車の引き取りやメンテナンスを受ける店舗を決める
    (地名を検索できるので、自分の住んでいる県を入力すると、その県の取り扱い店舗が一覧で出てきます。)
  6. 申し込みに必要な情報を入力する
    (氏名・勤務先・メールアドレス・連絡先・免許証の情報など)
  7. 契約内容に同意して完了

以上が契約の流れになります。

車種を選ぶとその車の特徴やフロントのデザイン、オプション
などを細かく見ることが出来ます。

オプションを追加すると月にいくらプラスになるのかも
細かく確認出来るのでとても便利ですよ。

審査に通りやすくするためには

KINTOの審査に落ちてしまう人の特徴としては、
何かしらの未払いがあることです。

クレジットカードの未払いや、スマホ料金の未払い、
また電気・ガスなど、これらの未払いがあると
信用情報機関という所に記録されてしまいます。

KINTOの審査では、この信用情報機関に問い合わせて、
申し込んだ人がどのくらい借金があるのか、
公共料金などの未払いがあるかどうかの確認をします。

これは、毎月使用料を払ってもらう必要があるため、
申し込んだ人が十分に支払うことが出来る人なのかを判断するためです。

また、年収よりも100万以上も高い車種を選んでしまうと、
こちらも十分に支払い出来ないとみなされて審査落ちになる可能性があります。

その為、KINTOの審査に通りやすくするには、

  • 公共料金など未払いがあるものは全て支払いを完了させておく
  • 車の車種やグレードを下げる

といった方法があります。

一見関係の無いように思えるスマホや公共料金の支払いも、信頼を得る為には、重要な点と言えますので、毎月しっかりと支払いを行うようにすることが大切です。

中途解約にかかる料金とは

KINTOでは中途解約が可能ですが、
その際にかかる中途解約の料金は「残利用料+追加精算金」となります。

この中途解約を考えるのには6か月ごとの期間がポイントです。

解約期間1か月2か月3か月4か月5か月6か月7カ月8カ月9か月
残利用料5ヶ月分4ケ月分3ケ月分2ケ月分1ケ月分0ヶ月分5ヶ月分4ケ月分3ヶ月分
追加精算金5ヶ月分5ヶ月分5ヶ月分5ヶ月分5ヶ月分4ヶ月分4ヶ月分4ヶ月分4ヶ月分

上記の表のように、6ケ月で1区間と考えます。

1ケ月経つごとに残利用料は1ケ月分ごと減っていき、
追加精算金は6ケ月間変わらずに、6ケ月経つと1ケ月分減っていきます。

例えば3年契約で契約し7か月後に解約したい場合、残り5ヶ月分の残利用料と4か月分の追加精算金分合計9ヶ月分の解約金が必要です。

まとめ

KINTOの評判やおすすめな人をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

KINTOは、

  • 頭金が必要なく、毎月一定料金しかかからないので、ライフプランを立てやすい
  • 料金に任意保険も入っているので、自分でかける必要がない
  • 納車までがスムーズ

といった評判がありました。

また、

  • 契約期間の途中で乗り換えが可能なので、いつでも新車に乗りたい人
  • 高額な保険料をかける必要がないので、初めて車に乗る若い人
  • 数年間だけファミリーカーを所有したい人
  • 転勤などで一時的に車が必要な人
  • 数年後、免許書を返納するつもりがある人
  • 減価償却ではなく経費として車を使用したい人

などにおすすめです。

車の維持や手間をかけずに乗ることが出来るKINTO
ぜひ、素敵なカーライフを楽しんで下さいね。

\ 先ずは気楽に無料見積もり /

KINTO公式サイト