カーリース

フリースカーの評判ってどうなの?気になる審査基準も徹底解説!

中古車代理店企業JUCグループから、
平成27年4月に始まった新しい車のサービス「フリースカー

まだまだ新しく始まったばかりなので、

「どんなサービス内容なのか?」
「実施の利用者の声はどうなのか?」

気になる方も多くいると思います。

そこで今回は、フリースカーの評判や気になる審査基準について徹底解説していきます!

フリースカーの評判

それでは早速フリースカーの評判についてご紹介していきます!

利用する人によっては、便利だと思う面もある一方で、
これは使いにくいというイマイチな評判も中にはあるようです。

これからサービスを利用したいと考えている人は是非参考にして下さいね。

国際車が豊富にある

フリースカーを利用した人の中に
「国際車が豊富にあって嬉しい!」といった声があります。

フリースカーは、2021年2月現在で、
およそ156台の車の中から選ぶ事が出来ます。

せっかく車をリースできるのなら様々な種類の中から自分の希望にあった車種を選びたいですよね?

主に取り扱っているメーカーは、

  • トヨタ
  • 日産
  • ホンダ
  • マツダ
  • ダイハツ
  • 三菱
  • スズキ
  • スバル

となります。

これだけの種類があれば、人気の車や購入するには高くて、
あきらめていたものも豊富にあるので、
「乗りたい車が無い・・・」
という心配もありませんよね!

また、車種や大きさによっても月の料金が様々ですので、
「車種には特にこだわりが無いけど、少しでも月の料金が安い方がいい!」
という方や、
「料金が高くても、とにかくこだわりの車種にしか乗りたくない!」
という方にも自分にピッタリの料金を選ぶことが出来ますよ!

主な料金の例

車種月の料金
スズキ ハスラー月24,840円~
ホンダ NBOX月29,376円~
トヨタ アクア月41,686円~

契約がオンラインで出来るので便利

フリースカーでは、契約や審査の申し込みがオンラインで出来るので
忙しい方には気軽に申し込めるので便利という声も多くあります!

主に契約をする流れは

  1. 公式サイトの「メールでのお問い合わせはこちら」をクリック
  2. 問い合わせフォームが出てくるので「問い合わせ」か「申し込み」を選択
    (質問がある場合は「問い合わせ」で気軽に質問が出来ます)
  3. 名前・電話番号・メールアドレスを入力

①〜③の手順でフリースカー上で審査を行ってくれ、
無事審査が通ったら、契約が完了となります。

わざわざ販売店に出向いて申し込みの手続きが必要なく、
空き時間に簡単に申し込みが出来るのは便利ですよね。

審査の基準については後程詳しくご紹介します。

車を5年以上利用するなら購入する方がおすすめ

車を5年以上利用する方は、購入する方がいいという声もあります。

例えば、スズキのハスラーの場合
グレードにもよりますが、新車で購入すると大体130万ぐらいですが
フリースカーだと月24,840円〜利用することが出来ます。

それぞれ年数ごとにかかる費用を見てみると・・・

 1年目2年目3年目4年目5年目
フリースカー約30万円約60万円約90万円約120万円約150万円
購入約130万円+税130万円+税130万円+税税金+車検代130万円+税130万円+税税金+車検代

5年目以降になるとフリースカーで総額約150万円支払っていることになり購入にかかる費用を超えています。

仮にローンを組んで借りた場合だと、5年ローンで
毎月約21000円~(ボーナス払い5万あり)になり、

その為、仮に5年以上車に乗る必要がある方は、
ローンを組んででも購入した方がお得と感じる方も多くいる様です。

購入した場合だと、車検代や維持費がかかってしまいますが、
自分の所有物になりますし、中古車だともう少し安く手に入れることが可能で、
フリースカーを利用する場合は短期間しか車を利用しないという方に向いていると言えます。

利用する前に今後車を使用する機会が増えるのか、
状況が変わってしまう事がないのか、よく考えて契約する事が大切です。

試乗する事が出来ないという不安がある

利用者の中には、
「オンラインで手続きが完了してしまうので、実際に試乗する事が出来ないのが不安」

といった声もありました。

オンラインで手続きが簡単に済ませられるといったメリットもありますが、
確かに短期間の契約であっても、自分が乗る車の試乗が出来ないのは
少し不安ですよね・・・・。

そんな方は契約をする前に、メールで問い合わせてみるがおすすめです!

公式サイトからメールで簡単に問い合わせする事が出来ますよ。

また、「○○車・乗り心地」などネット上で検索してみるのも一つの手だと思いますし、
試乗会や、試乗できる車屋さんで実際に運転してみるのもアリですね。

どんな乗り心地なのか、燃費はどうなのか、
どうしても気になる方は調べてみるのもいいかも知れません。

例えば、スズキハスラーの場合、
初代のモデルから走行性に関しては高い評価を得ています。

坂道でも加速する力には定評があり、
さらに通常のタイヤより大きめなタイヤを採用している為、
安定した走行が見込めます。

この様に実際に試乗が出来なくても、フリースカーで問い合わせたり、
実際に自分で検索してみる事で大体のイメージをつかむことが出来ますよ!

フリースカーってどんな特徴がある?

ここからは、実際にフリースカーのサービスの特徴をご紹介していきます。

「利用してみたい!」と思う魅力的なものばかりなので、
ぜひ参考にされて下さいね。

フリースカーってどんな会社?

そもそもフリースカーがどんな会社なのか良く分からない
という方もいるのではないでしょうか?

冒頭でもご紹介しましたが、
フリースカーはJUCグループ会社が新しく始めたサービスの一つです。

このJCUグループ会社は、昭和57年に中古販売店として創業し、
その後もカーレボといった車のオークションストアなど幅広い事業を展開している会社です。

また、他にもJCUグループの子会社として5つの整備工場や、
ガソリンスタンドなどがあります。

満足度の高いサービスを提供する事を哲学とし、様々なサービス事業を
提供しているので、フリースカーも安心して利用する事が出来ますよね!

契約の際に頭金が不要

フリースカーの特徴の一つとして、
契約の頭金が不要といった特徴があります。

車を購入するとなると、自動車取得税や自賠責保険などなど、
いくらかお金を準備しておかなくてはなりません。

その点フリースカーでは、最初の契約の時から、月の使用料のみで
車に乗る事が出来ます。

出張や一人暮らしをきっかけに、短期間だけ車があればいい方には、
購入する際にかかる頭金を準備しなくても、
手軽に車に乗ることが出来るのでおすすめです。

車を購入する際にかかる主な費用
  • 車両本体価格
  • 自動車取得税
    (年式が新しい車にかかる場合があります。)
  • 自賠責保険
    (すべての車の所有者に加入する事が決められている。車種や保険期間によって異なる 約13,000円~約36,000円)
  • 自動車重量税
    (車両の重さによって異なる。軽自動車は重量を問わず一定。約4,100円~約73,800円)
  • 新車登録時手数料
    (新車の場合新しく所有者を登録する際の手数料。約1万~3万)
  • 自動車税
    (購入月と排気量によって変わってくる。約2,000円~約75,000円)

購入するとなると、最低でも上記のような費用がかかってしまいます。

車両代だけ準備していても後から別途かかる費用までは準備できないとなると焦ってしまいますよね・・・。

その点フリースカーではこれらの費用は一切かからないので、
利用する初月から安心して車に乗ることが出来ます。

毎月の支払が分かりやすい

フリースカーの特徴として、契約終了時に残存価格の支払いが必要なく
毎月の支払が分かりやすいという事があります。

残存価格

契約終了時にその車がどのくらいの価値があるのかを
表したものになり、走行距離や車の状況を元に残価を出します。

走行距離が著しく多い場合や車に目立ったキズや凹みがある場合、
当然残価も低くなりますよね?

リース会社によっては、元々想定していた残価価格よりも、
本来売れるであろう価格が下がった場合この差額を請求される場合もあります。

例えば、200万の新車を5年ローンし、5年後50万で売れると想定している場合。

返却時に査定した所40万でしか売れないと判断されたら、
差額の10万を支払わなくてはなりません。

この様に会社によっては、返却する際に別途費用がかかってしまう場合があります。

しかし、フリースカーの場合、この残価設定の支払いは無いので、
毎月の支払が分かりやすいといったメリットがあります。

維持費が別途かからないので家計管理が楽

車を購入した場合、乗れば乗るほどメンテナンスも必要となりますよね?

車検やオイル交換、バッテリーの交換やその他消耗品など
維持をするのに別途費用がかかってしまいます。

さらにメンテナンスをしていても、タイヤのパンクや
バッテリー上がりなど、予期する事が出来ないので、
急にお金が必要となる場合もありますよね?

その一方でフリースカーの場合、これらの費用は毎月の料金に、
含まれていますので、急に費用がかかるといった心配もありません。

1年ごとに料金が上がるといった事もありませんので、
契約年数に応じて総額いくらかかるのかも簡単に知ることが出来ます。

毎月の使用料も分かりやすく、維持費もかからないので、
家計管理が楽になるといった特徴があります。

フリースカーの審査基準

フリースカーの特徴や評判などを知って実際に利用してみたい!
と思った方もいるのではないでしょうか?

でも「審査に通らなかったらどうしよう・・・」

「審査の基準ってどんなの?」

といった事が気になる方もいると思います。

ここからは、フリースカーの審査の基準についてご紹介していきます。

審査から契約までの流れ

審査から契約までの主な流れとしては

  1. 公式サイトから審査の申し込みをする
    (「メールでのお問い合わせはこちら」から)
  2. 販売店が審査会社へ問い合わせをし、
    審査会社は信用情報機関などからあなたの情報を集める
  3. 審査会社の情報を元に販売店が検討
  4. 販売店から審査結果の連絡が届く
  5. 審査に通ったら契約の手続きを行い完了

といった流れになります。

実際に審査を依頼してから、
通ったかどうかの判定が出るのに、2~3日程かかる様です。

この様に乗りたい車が見つかっても、審査があったり、
仮に審査に落ちてしまえば、車を利用する事が出来ません。

利用を検討している方は早め早めに審査を依頼する事をおすすめします。

審査に通りやすい人

フリースカーの審査基準はそんなに厳しくはなさそうです。

ではどんな人が審査に通りやすいのかと言うと、

  • 定職に就いている人
  • 勤務年数の長い人(勤務年数5年以上など)
  • 公共料金の支払い等を滞納していない人

などになります。

フリースカーなどの場合、毎月使用料を支払わなくてはなりません。

その為、「毎月の使用料が発生しても金銭的に問題なく払える人」
と判断されたらまず問題なく審査に通ることが出来ます。

定職に就いていないパートやアルバイトなどの方でも、
保証人を立てる事で審査に通る場合もありますので、
気になる方は一度質問してみるといいかも知れません。

審査に通りにくい人

反対にどの様な人が審査に通りにくいのかと言うと、

  • クレジットカードなどのブラックリストに載っている
  • 公共料金は毎回滞納している
  • 給料に対してあまりにもグレードの高い車を契約しようとしている

などの人です。

ブラックリストに載ってしまっている方や公共料金の支払いが
滞納している方などは販売会社への信頼を得ることが難しいので、
審査に通るのは難しそうです。

また、定職に就いている方でも給料に見合わない、
あまりにもグレードの高い車を契約しようとすると、
審査に落ちてしまう場合もあります。

まずは、未払いのものがある場合は、
審査の前に全て支払いを完了しておく事が大切です。

好きな車に自由に乗ることが出来るのがカーリースのメリットでもありますが、自分の収入もよく考え、入社したばかりやまだ社会人1年目の方は自分の収入に見合った金額に収められる車を選ぶようにすることもポイントです。

まとめ

フリースカーの評判や特徴をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

フリースカーは、

  • 頭金が不要で月の支払いが分かりやすい
  • 国産車が豊富にある
  • オンライン上で契約が簡単に出来る

といった特徴や、評判がある一方で、

  • 実際に試乗する事が出来ない
  • 5年以上乗るなら購入する方がお得

といった声もありました。

また、審査基準としてはそんなに厳しくはありませんが、
公共料金の滞納や、収入に見合った使用料でない場合
審査に落ちてしまうという思わぬ落とし穴もあります。

サービスを利用する前に、
実際に自分がどのくらいフリースカーで車を利用したいのか、
審査基準には十分に満たしているかをよく確認してから利用する事が大切です。

ぜひ、上手にフリースカーを利用して自由なカーライフを満喫して下さいね!