仕事着

春から初夏へのオフィスカジュアル!最適着回し仕事服&コーディネイト

「オフィスカジュアル」よく使われる言葉ですが、ハッキリとした定義がなく
どこまでがオフィス向きで、どこからがカジュアル寄りか難しいジャンルですよね。

職場の規定や雰囲気により許容範囲も様々。

無難なファッションをいつも同じにマンネリ化したくはなし、
とはいえ職場禁止逃れの服ばかり毎回購入するわけにもゆきません。

そこで、ビジネスシーンにもプライベートにも合う
フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎない
数着を新鮮・素敵に着まわすコーディネイト案とともにご紹介します。

春から初夏へ季節の変わり目に活躍オフィスカジュアル

柔らかい日差しが心地よい日や汗ばむ陽気になる日、
また季節が逆戻りするほど肌寒くなったりと、

コロコロと変わる気候に忙しい朝の仕事服選びは悩みのタネですね。

そんな季節の変わり目にお役立ちのオフィスファッションを
年代に適したスタイル別にご紹介します。

20代女性向け通勤服

20代は大人っぽく可愛いフェミニンファッションが楽しめる年代です。

定番のホワイトシャツも、袖にボリュームのある
ふんわりタイプや、きれいなフリルのあるものが
若々しさと女性らしさを演出してくれます。

ネイビーブルー系のノーカラージャケットや
足首の見える短め丈ワイドパンツで、堅くなり過ぎないキュートさをプラス。

淡い色合いのカーディガンを色違いで数点揃えておくのも良いですね。

30代女性向き通勤服

30代女性の仕事服は、清潔で落ち着いたイメージの中に
少しの流行をピリリと取り入れた品位+スパイスが、
生き生きと働くハンサムウーマンを魅力的に輝かせます。

ビジネスシーンではNGに思われがちなデニムも、ボーダー柄ホワイトシャツや
青みのあるグリーンカラーのジャケットを合わせると
カジュアルになり過ぎず、シャープな印象を与えてくれます。

適度にフィットするレース使いのタイトスカートも女性らしい柔らかさと品格があり
オフィススタイルに合いますね。

40代女性向け通勤服

40代女性の通勤スタイルは、エレガントに美しく、大人ファッションを
上品にまとめたいですね。

素材やシルエットにこだわりのある服装選びで知的に華やかに。

首回りをスッキリ見せるVラインシャツやウエストラインを
カバーするロングカーディガン。

ハイウエストワイドパンツやひざ下10㎝のフレアースカートは
体形を美しく見せる強い味方

甘くなり過ぎないダークカラーのきれいめ
ロング丈ワンピースは、大人っぽくエレガントな印象があり
おすすめです。

寒暖差にも効く着回しに最適な服選び

お仕事とプライベート、ON・OFF兼用で使うことのできる服は
様々なシーンに便利です。

シルエットや色・柄を上手に利用すれば
「仕事モード」「プライベートモード」両用に加えて
季節感ズレなしのおしゃれさんに。

そんな優れものを、アイテム別で探ってみましょう。

トップス

一枚は必ず持っておきたいシンプルな白シャツ
どんな時にも、どのような服とも相性バッチリです。

ゆったりサイズが柔らかい印象を作る
オーバーサイズのブラウス。

ほどよく胸元の開いたカットソーも、ビジネスシーン向きです。

重ね着にも一枚着にも便利なリブニットは
温度調節に大活躍です。

身体のラインが出過ぎないシルエットの物
上品な大人女性を演出しましょう。

トップスはシンプルで落ち着いた色合い、清潔感のある
印象を与える服選びが良いですね。

パンツ

オフィスシーンのパンツは、カジュアル過ぎず、派手過ぎず
また、身体のラインが出過ぎないものがふさわしいですね。

黒やグレーのスラックスパンツ、上品な細い柄の
ワイドパンツは大人女性向きです。

カジュアルになりがちなテーパードパンツも
ネイビーや光沢のある素材のものは
オフィススタイル向きです。

仕事場では立ったり座ったりと動き回ることが多いですよね。

シワになりにくく、おうちクリーニングができる素材のパンツは
ビジネススタイルに最適です。

スカート

女性らしく柔らかな印象を与えるスカートは
オフィスシーンにも大活躍。

ほどよく身体に沿うシルエットのタイトスカートは
大人女性を美しく演出してくれます。

動きやすいフレアースカートは歩くたびに揺れ
忙しく働く女性を優雅に見せます。

可愛くなりがちなプリーツスカートは、ブラウン系ロング丈で
シックに決めて。

清楚な雰囲気が漂うレースのスカートは上品でおしゃれ。

ビジネスシーンにふさわしいでしょう。

ワンピース

一枚でよし、重ね着でよしのワンピースは
気候変動に対処しやすい優れモノ

シンプルなひざ下丈のタイトワンピースは
ネイビーやベージュが上品です。

ロング丈シャツワンピースは、大人っぽく知的な雰囲気に。

小さな花柄やおとなしいストライプは
素材やシルエットに品位のあるものを意識して選んで
ワンピース美人を楽しみましょう。

アウター

流行のないベージュトレンチコートは、一着持っていたいですね。

取り外しのできるライナータイプ
真夏以外は着回し可能、おすすめです。

堅苦しくなり過ぎないノーカラージャケットは
羽織るだけで全体をやさしくまとめてくれます。

ボトムスとのバランスが取りやすいショート丈コートは
グレー系でシックに。

コートは真面目な印象になり過ぎず目立ち過ぎない
色・柄ものが、おしゃれで上品な大人のオフィスシーンに最適です。

おしゃれに着まわす仕事服。コーディネイトのコツ

ビジネスシーンにマッチしたファッションを意識した
服選びは、いつも同じパターンに陥りがちです。

パターンくずしには、ほんの少しいつもと違う部分を作るだけで
外から見える印象は変わります。

そこでここからは、コーディネイトのコツ
ポイントとともに考えてみましょう。

服を選ぶ前に考えたいポイント

購入前に、手持ち服との着回しパターンを想像しましょう。

3パターンほど思い浮かべることが出来れば合格。

気に入ったからと衝動買いをしてしまうと結局
手持ちの服とのズレが生じ、着る機会がなくなることになります。

また、服の形や色を正確に記憶しておくのは難しいものです。

よく使う服は実際に着て、スマホで自撮りをしておくことも
良いでしょう。

気になる一着を見つけたらスマホで確認。

コーディネイトが仕上がれば、無駄買いは防げます。

小物の使い方

地味になり過ぎたり、カジュアル過ぎたり。

いまいちのコーディネイトに悩んだら
小物で味付けしましょう。

明るい色柄のスカーフを巻くだけで、顔色は華やかに
上品になります。

がっちりとしたレザーバッグは、ラフなコーディネイトを
キリリとひきしめてくれます。

同じコーディネイトでも、大人かっこいいレザーシューズと
女性らしいパンプスとでは、印象が違いますよね。

物足りないコーディネイトにもう一匙
出勤前の気分に合わせて味付けしてみましょう。

小ワザで効かせる

手持ちの小物に小技を効かせて、脱マンネリに挑戦しましょう。

大判ストールやスカーフは、羽織る・巻く・結ぶ
使い方も様々に楽しめます。

薄手のカーディガンは、肩に掛けたり
胸元で袖を結んだり、フォーマルなイメージにも
カジュアルな装いにも変身します。

ゆったりとした白シャツは、ボトムスに
IN・OUTの着こなし違いで、清楚にもワイルドにもなります。

いつもの小物と定番服に小技を効かせて
おしゃれ上手を楽しみましょう。

まとめ

正解が出しづらいオフィスカジュアル

まずはNGポイントから考案されてはいかがでしょうか。

  • 露出が多く、身体のラインが出過ぎる
  • カジュアル過ぎる
  • だらしない印象を与える
  • 目立ち過ぎる

ビジネスシーンのマナー違反を考えると
答えは見えてきますね。

シンプルで派手過ぎず、清潔感のあるファッションは
好印象を持たれるとともに他のアイテムとも合わせやすく
着回しにも最適です。

定番服に主張し過ぎないトレンドを取り入れ
季節の変わり目を上手く乗り切りましょう。

洋服をレンタルするならエアークローゼット!悩める貴方の救世主!洋服を「買う」から「レンタル」するという新しい発想から生まれたサービス「エアークローゼット」プロのスタイリストがコーディネートした服が毎月お手元に届きます。貴方のファッションのお悩みを解決する手助けになるかもしれませんよ。...
通勤服って悩んじゃう!女性の仕事服と私服、上手な使い分け着回し術毎日の通勤服、どんな服装で出勤すればいいのか、悩む事も多いですね。 通勤服だって女性らしく着こなしたいし、 アフターに予定があるなら...