レンタル(腕時計)

KARITOKEで腕時計を借りるのにデビットカードは使えるのか?

ロレックス」や「オメガ」など、
高級ブランド腕時計をレンタルできるサービス、

KARITOKE(カリトケ)

手軽に持つことができる「デビットカード」で、契約できるのでしょうか?

最初に結論を言いますと…

答えは「NO!

使えません

デビットカードがこれだけ需要があり、手軽にどこでも使えるのに、

KARITOKE」ではどうして使えないのでしょうか?

その疑問を調査し、お得に利用できるカードを調べてみました。

KARITOKEの料金やシステム

KARITOKE」は高級ブランド腕時計をレンタルするサービスです。

デビットカードを使えないのはなぜでしょうか。

料金やシステム、サービスなどで使えないのでしょうか?

KARITOKEのシステム

KARITOKE」は、リアルショップも展開していますが、
主にネットでの高級ブランド腕時計レンタルサービスです。

取扱いブランドは、

ロレックス」「オメガ」「カルティエ」「タグホイヤー」など、

人気ブランドです。

プラン(プレミアムプラン・エグゼクティブプラン)によっては、勤務先情報も必要です.

やはり商品をレンタルするとなると個人情報の登録は必須です!

いまはほとんど利用がありませんが、CDやDVDのレンタルショップで会員登録するときに
最低限の個人情報を提出したと思います。

その場合とほとんど同じです。

住所・氏名・電話番号・メールアドレス、
そしてお支払いのクレジットカード情報。

これらが「KARITOKE」を利用するのに必要最低限の個人情報です。

また、勤務情報として

勤務先の所在地・会社名・電話番号、利用者の役職や年収を登録します。

ですが、よっぽどのことがない限り勤務先に
KARITOKE」から連絡がいくことはありません

たとえば、料金未払いや故意な破損・紛失など。
トラブルがなければ大丈夫です!

料金やプラン

KARITOKE」には、

月々3,980円(税抜)「カジュアルプラン」~
月々19,800円(税抜)の「エグゼクティブプラン」など、4つのプランがあります。

簡単な内訳としては、

カジュアルプラン」  3,980円(税抜)
エルメス・ブルガリ・ハミルトンなど

スタンダードプラン」 6,800円(税抜)
タグホイヤー・ブライトリング・カルティエなど

プレミアムプラン」  9,800円(税抜)
ロレックス・IWC・ゼニスなど

エグゼクティブプラン」19,800円(税抜)
ロレックス・ウブロ・フランクミュラーなど

腕時計の価格によってプランが分かれています。

先ほども書きましたが、

ロレックスなどの高額な腕時計は
「プレミアムプラン」「エグゼクティブプラン」
にありますので、会員登録の個人情報に勤務先情報も必要となります。

今なら初月50%OFF!

KARITOKEで腕時計を借りたい!

ここまでで、「KARITOKE」のだいたいのプランやシステムを理解して頂けたと思います。

月々定額で、憧れの高級ブランド腕時計を身に着けることができますね。

貸す側も借りる側も、お互いに信用・信頼をしなければ、
レンタル事業は成り立ちません。

そして、高級ブランドの腕時計をレンタルするには、
相応の個人情報を「KARITOKE」側に 提示しなければいけません。

最近では利用者も多いデビットカード

KARITOKE」ではなぜデビットカードは使えないのでしょうか?

デビットカードはなぜ使えないのか

デビットカード

海外ではかなり利用されています。

名前は聞いたことはあるけど、詳しくは知らない方のために、
少しデビットカードの説明をします。

デビットカードの仕組み

デビットカード」は、

カード利用と同時に登録口座から直接現金が引き落とされる仕組みのカードです。

お買い物の際、お財布を見て

「現金が足りない!」

とATMへ足を運び、口座からいちいち現金を引き出す必要がなく、
カードを提示するだけで支払いができ、
口座に入っている残高以上にはお金を使いすぎないので、
利便性や安心感などがあります。

さらに、カードでお支払いのたびにメールで通知が来るので、
不正利用にもいち早く気づくことができます!

見た目はクレジットカードと見分けがつかないですが、使用感としては電子マネーやプリペイドカードが近いと思います。

チャージのいらない電子マネーですね!

プリペイドカードや電子マネーがデビットカードとは違う大きな点としては、

事前に現金(または口座)から事前にチャージをして、
カード内のチャージ金額内でのみお買い物ができます。

ですので、「今日は○○円まで!」など、無駄遣いをしにくいです。

また、デビットカードは海外での需要が多い理由があります。

海外旅行などの際、
現地のATMで現地通貨を引き出すことができるのです。

クレジットカードで支払うことが多いと思いますが、

クレジットカードが使えないときのために
空港などで両替する必要がなく、とても便利です

クレジットカードとの違い

カード利用時に口座から即時引き落としをされる

デビットカード

海外ブランドでもある「VISA」なども付いていますが、
クレジットカードとは大きく違う点があります。

それは、支払い方法が「一括払い」のみという点です。

クレジットカードは、

一括払い・分割払い・リボ払いなど、支払い方法が選べますが、

デビットカードは分割払いなどはできないため、一括払いのみとなります。

また、利用のたびに口座から引き落とされる
デビットカード」に対して、

クレジットカードは月に1度の支払日にまとめて引き落とされるという仕組みです。

毎月の支払額を見て、計画的に利用できず使い過ぎなどが多い人は、
デビットカードのほうが良いですね!

支払い時に、口座に残高があるときは使えるのですが、

口座の残高の確認ができないときはデビットカードは使えません

デビットカードのメリット

大きなメリットとしては、

デビットカードでのお支払い都度、口座から引き落とされますし、

クレジットカードとは違い1日の利用制限額が設定できるので、
使い過ぎなどが防げます

また、小銭などでお財布が重くなることもなく、

これからキャッシュレスの時代になるので、カード初心者にはとても使い勝手が良いです。

そして、銀行口座はほとんどの人が持ってると思いますが、
クレジットカードが持てない人や高校生でもデビットカードを作ることができます

アルバイトなどの収入をいちいち銀行口座から引き落とさなくても、
自分のタイミングでお買い物ができるのです。

さらに、口座からATMで引き落とす場合、土日祝日などは手数料がかかりますが、
デビットカード支払いでの手数料はかかりません!

また、ネットショッピングでの利用も可能です!

クレジットカード支払いと同様に、カード情報を登録すれば
デビットカードでの支払いができます

カードで支払うと利用通知がメールで届くので、
定期的に届く商品の支払いや、会費などをデビットカード支払いにしておくと、

キャンセルのし忘れなどの見落としも防げます

利用通知メールで、紛失時の不正利用も最小限に防げます。

これはセキュリティ対策になるのではないでしょうか!

また、旅行先の海外ATMで、現地の通貨を口座から引き出すことができるので
これは、デビットカードの大きな特徴ですね。

デビットカードのデメリット

カード初心者にもやさしい
デビットカード」ですが、デメリットも多くあります。

どんなに高額なお買い物をしても、
分割払いやリボ払いができません

口座に残高があって、1日の利用限度額以内ならば、
100万円のお買い物をしても「一括払い」で購入することになります。

また、キャッシングサービスの利用もできません

クレジットカードは、信販会社などの審査を受けてからのカード発行ですが、

デビットカードは銀行に口座があれば作ることができるので、

「分割払い」や「リボ払い」
「キャッシングカードサービス」の
利用ができないのです。

でも、リボ払いやキャッシングサービスでお金を借りて、
ローン地獄に落ちてしまう心配がないので安心ですね。

そのような理由から、クレジットヒストリーを作ることもできません。

クレジットヒストリーとは、
国内の金融機関において登録されている情報を基に審査を行うことです。

ローンの履歴などがすべて登録されている機関なので、
不正や延滞などがあるとカードを発行されなかったり、ローンが組めなかったりします。

デビットカード利用がいくら優良でも、クレジットヒストリーに影響がありません

また、先の読めない支払いにも使えません

たとえばETCです。

ETCはゲートを通るときにカードを車載器にセットして有料道路に入り、
出るときに支払いとなります。

カードをセットした時点での支払いではないので、
デビットカードはETCカードを発行できません

同じ理由で、ガソリンスタンドでの利用も注意が必要です。

セルフ給油のガソリンスタンドが増えてきました。

先に支払いのカードを登録するガソリンスタンドなので、
給油後に支払うとなると
やはりETCと同じ理由で利用ができないのです。

ただし、ガソリンスタンドによっては
使えるデビットカードもあるので、確認してみてください。

カードでのお支払い後に来る「利用通知メール」は、
セキュリティ面で有効ですが、通知が来たときには不正利用されています

もちろん、最小限には抑えることができますが、
不正利用に対する補償に上限があることを覚えておいてください。

また、一部のデビットカードには年会費がかかるものもあります

クレジットカードより低額ですが、
有料のカードもありますので、作るときに確認してみてください。

もちろん、年会費無料のデビットカードもあります。

KARITOKE」でレンタルしている腕時計は、

高級ブランド腕時計」です。

デビットカードでの支払いができない理由が分かっていただけたでしょうか?

それならいまからクレジットカードを作ろう!
と思っている方は、

KARITOKE」でお得に使えるクレジットカードをご紹介しましょう

KARITOKE利用でのお得なカード

高級ブランド腕時計のレンタルサービス

KARITOKE

支払い方法はクレジットカードのみです。

どのクレジットカードでも支払いはできますし、それぞれ利用ポイントなどのサービスも
カードごとに付きます。

お得に利用できるエポスカード

KARITOKE」をお得に利用できるクレジットカードは、

「エポスカード 」です。

お近くにマルイがある方はよく知っていると思いますが、
「マルイがない」または「初耳」の方にも説明しますね。

エポスカード」では、マルイでのお買い物がいつでもポイント2倍です。

エポスカードから、電子マネーやプリペイドカードにチャージしても
ポイントが貯まります

また、チャージされた電子マネーなどでお買い物をすれば、
その電子マネーにもポイントが貯まるのでWポイントとなります。

近くにマルイがない方、

カラオケSHIDAXではカードを見せると30%割引

イオンシネマでは「エポトクプラザ」というエポスカードご優待サイトを使えば
いつでも500円引き

スターバックスカードへのオンラインチャージでポイント2倍

など、マルイがなくてもサービスの利用があります。

またエポスカードには、「たまるマーケット」というサイトがあり、
ネットショッピングをするときにこのサイトを経由して利用すると

2倍から30倍のボーナスポイントがもらえるというポイントアップサイトがあります!

KARITOKEでエポスカード

KARITOKEのリアルショップは2店ともマルイにあります。
なので、エポスカードの優待サービスも大きいです。

「KARITOKE」利用時にエポスカードを登録すると、

①KARITOKEの初月利用料が50%OFFになるポイント
   (50ポイント)を贈呈

翌月利用料が30%OFFになるポイント
   (30ポイント)を贈呈

翌々月利用料が10%OFFになるポイント
   (10ポイント)を贈呈

また、すでに「KARITOKE」利用中でも、エポスカードを登録すると、

登録翌月の利用料が10%OFFになるポイント
   (10ポイント)を贈呈

というサービスを受けられます。

ポイントも貯まりますし、貯まったポイントを利用することもできるので、お得ですね!

まとめ

「KARITOKE」でデビットカードが利用できない理由がわかりましたか?

デビットカード自体は、銀行に口座があれば誰にでも作ることができます。

カード初心者にも安全で危険性の少ないデビットカードは、
メリットもたくさんあります。

ですが、クレジットカードのように発行時に審査がないので、
「KARITOKE」のような高額な高級ブランド腕時計をレンタルするには信用に欠けます

クレジットカードも、計画的に利用すれば危険性は少ないです。

もし「KARITOKE」を利用するためにクレジットカードを作るのであれば、
ポイントも貯まる「エポスカード」がお得ですよ!

貸す人も必見!KARITOKE登録で審査落ちした理由をチェック「利用するために会員登録をしたら、審査落ちしてしまった!」という方がいらっしゃるようです。「KARITOKE」「KASHITOKE」の申請に必要な手続きをご紹介し、なぜ審査落ちしてしまったのか?...
高級腕時計をより身近にするレンタルサービスKARITOKEとは?「KARITOKE(カリトケ)」という高級ブランド腕時計のレンタルサービスがあるのをご存じでしょうか? 腕時計から「高級感」や「上品さ」などを発することができたら、 周りとは違う自分を魅せられますよね。...