暮らし

今熱い!車のサブスクは本当に便利でお得?メリット・デメリット

を所有する時代からシェアする時代へ

ものを持たない暮らしがブームになっています。

若者が憧れる持ちものはブランド品や車から、
最新のスマートホンやスマートウォッチへ時代と共に変化しています。

ありとあらゆるものが定額月払いのサブスクで対応できるようになり
車もその1つだと思いますが、車のサブスクは本当に便利お得なのか?

気になっている方も多いかと思いますので調べてみました。

車のサブスクは本当にお得?


生活のすべてをサブスクで済ませることができるかもしれない。

そんな時代がやってきています。

そんな新しいサービスが次々とリリースされるなか、
今最も注目を集めている車のサブスク

車のサブスク、一体どんなメリットがあるのか調査してみました。

車のサブスクのメリット

車のサブスクは本当にお得なのか?

都市部では電車やバスなどの公共交通機関が発展しているので、
普通に暮らしている分には車は必要ないのではないか?
と考えている方も多くいらっしゃることでしょう。

一方、地方では公共交通機関が都心に比べて少ないために
やはり車は足代わりにどうしても必要でしょう。

車を持つということは便利さを買うことでもありますが、その一方でお金もかかります。

車を購入するにあたり車本体の料金だけでなく、下記のような諸費用が発生します。

  • 登録費用  1~30,000円
  • 納車料金  10,000円前後
  • 車庫証明費用  3000円~10,000円
  • 検査登録手続費 3000円~10,000円
  • ナンバープレート希望料  5,000円
  • 自動車税、自動車重量税などの法定費用(車種、重量により変わってきます)

現金一括で買う場合は、車の本体料金の支払いは一度で済みますが、車は高いお買い物。

ローンを組んで購入される方が大半だと思いますので、車の本体のローン
他に維持費としてこのような経費が発生します。

  • 駐車場代
  • ガソリン代など燃料費
  • 車検代・点検代などのメンテナンス費用
  • 自賠責保険
  • 自動車税(車種、重量により変わってきます)

こうしてみると年間を通じてまとまったお金が必要になりますね。

参考:

そこで近年登場したのが車のサブスク

月々一定の金額を支払うことで、車を持てるというサービスです。

購入する際に発生するような初期費用手続きは必要なく、申し込みはネットで簡単に
完結。

車のサブスクのメリットはこういったことが上げられます。

  • 頭金や登録料などが必要ないので、初期費用を大幅にカットできる
  • 維持費がガソリン代、駐車場代などで済む
  • サブスクによっては任意保険もカバーできる
  • 月々の出費が明確になるので家計が管理しやすい
  • 新しい車に乗り続けることができる
     

などがあげられるでしょう。

参考

サブスクもサービスを提供している会社や選ぶ車種によって月々の支払額や
サービスの内容もそれぞれ変わってきますが、
車を購入するまでの面倒な手続きや初期費用をカットできるのはうれしいですよね。

車のサブスクで生活が変わる?

車のサブスクのサービス料金は選ぶ車種やオプションなどを追加していけば
月々の支払が予想よりも高額になる可能性はあります。

ですが、身の丈に合わせた車種とサービスを選択すれば、
月々のコストが明確化され、お金の管理がこれまで以上によりスムーズになりますよね。

また定期的に点検に出していても、消耗品などの交換は予期せぬタイミングで
急にやってきて、思わぬ出費招きます。
パーツの交換でウン万円など、よくある話ですよね。

月々の固定の金額に盛り込まれていれば、見通しがつきやすく、
浮いたお金で時にはちょっと遠くへ行ってみる。
ちょっとおいしいものを食べるなどのプチ贅沢も夢ではありません。

車のサブスクは月々の固定費を明確にするだけでなく、
必要なものだけを身近に置き、シンプルでより利便性を向上させ、
あなたの生活をよりよいものに変えていく可能性があるのです。

お得に暮らそう

初期費用維持費が抑えられるうえに、
会社によっては乗れる車の種類が幅広く設定されています。

自分で購入するにはハードルが高い車もサブスクなら乗ることが可能で、
常に新型の車に乗り続けることも可能に!

車を所有するコストを抑えることができて、
新しい車に乗り続けることができたら、充実したカーライフが送れそうですよね。

そう考えると車のサブスクはお得な感じがします。

車が欲しいな、必要だなと思った時に、新車、中古車を購入する以外に
サブスクも選択肢に入れてみるのもアリですね。

ポイント

  • 借金をしなくてもいい
  • 常に新型の車に乗る事が出来る
  • 初期費用や維持費用が抑えられる
  • 月額定額なので家計の管理が楽

車のサブスク、デメリットは?

初期費用維持費を抑えることができ、面倒な手続きもなく、
いいところばかりが目立つ車のサブスクですが、デメリットはないのか。
疑問に思うところでしょう。

また車のサブスクに向いているタイプの方や、
逆に向かないタイプの方はいらっしゃるのか。

気になるその点を探ってみました!

サブスクはお得に見えるけど・・・

初期費用維持費用が抑えられ、
サービスによっては任意保険などの加入もまかなってくれる車のサブスク

新しい車に乗り続けることもできるし、よさそうに見えますよね。

一見お得に見えるサブスクにデメリットはないのか。

また契約する際はどんなことに注意すればよいのか。

デメリット注意点を調査してみました。

  • 改造やカスタマイズができない
  • 走行距離に制限がある
  • 中途解約すると違約金が発生する場合がある
  • 事故で車が全損した場合は強制解約になる

などがあげられます。

元の状態に戻せる車で契約満了を迎えることが条件ということであれば、
車の改造やカスタマイズが好きな方は注意が必要ですね。

走行距離に制限が設定されているのは車の価値をキープするという意味でもあります。

走りすぎると追加料金が発生する場合があるので、こちらも気を付けましょう。

サービスを提供している会社によって走行距離制限を気にしなくてもよい
オプションがある場合もあるので、よく確認したうえで契約を。

車に乗る以上は事故のリスクは避けられませんが、
全損など大きな事故を起こさないよう常に安全運転を心がけなくてはいけませんね。

カー・シェアリングとの違いは?

車のサブスクとよく比較されるサービスにカー・シェアリングがあります。
カー・シェアリングは乗りたいときだけ車に乗れる、こちらも便利なサービスです。

カー・シェアリングは、短時間で車に乗る頻度が高いけれど、
維持費などがかかるから車は持ちたくないという人向き
です。

ショート・タイムで乗る場合はカー・シェアリングが断然お得。

24時間いつでも車に乗れ、ガソリン代、保険料、メンテナンス費用などは
会費に含まれているので実質ナシ

ですが、レンタカーのように乗り捨てはできず、時間の延長ができないことが多く、
また乗りたい車に予約が埋まっていると当然ながら借りられません

長時間借りる場合は割高になりがちな点に注意が必要です。

レンタカーのように使用後清掃してくれる人がいるわけではないので、
前に乗った人がマナーが悪い人だったりすると、
車内が汚れた状態の車があたることもあります。

月々の会費は1000円程なので、それほど高くはないですが、
乗らない月が長く続いてしまえば、たとえ1000円であってもちりも積もれば山となり、
長い目で見ればかなりの出費になるでしょう。

これでは必要のない出費で、会費をドブに捨てることになりますね。

カー・シェアリングと利用する場合でも定期的に家計を見直すことが大切ですね。

毎日の通勤や家族の送り迎え、買い物など日常でよく車を利用するけれど、
マイカーを持つのはちょっと・・・という方は
カー・シェアリングよりも車のサブスクの方がよいでしょう。

持つ自由、持たないという自由

マイカーを持って好きな時に好きなタイミングで乗る方、
カー・シェアリングレンタカーで乗りたいときだけ借りる方、
車のサブスクで自分の車を持つように過ごすした方。

様々な選択肢があります。

車が好きで通勤や買い物などで毎日利用するし、自分の物として乗りたいという方は
マイカーを持つという選択もアリでしょう。

また車が好きで生活するにあたり必要だけど、初期費用維持費が気になる。

ということであれば、車のサブスクを選択してみはいかがでしょうか。

頭金が必要なかったり、ローン金利がなかったり、
税金保険料などを維持費用のことを考えなくてもよいサブスクは
車を手軽に自分のもののように持てて、楽しめるかもしれない。

一昔前までは、こういった幅の広い選択肢はありませんでした。

車を持つ自由、車を持たない自由。

あたたにとって最適なカー・ライフが何か。

考えてみませんか?

ポイント

  • サブスクの車には改造など、規約違反になることがいくつかある
  • カー・シェアリング向きの人もいる
  • 自分にとっての最適なカー・ライフを考えよう

車のサブスクならこれ!お薦め8選

これまで車のサブスクメリットデメリットについて
紹介してきました。

車のサブスクを提供している会社も続々と増えています。

どんな会社があるのか、さっそくご紹介していきましょう!

やっぱり安心、王道・車のサブスク

契約期間は1年~11年
月額料金は11,700円(税抜)からとかなりお得です。

国産車をほぼ全部網羅しているのでどの車にしようか迷いそう。
車種や契約内容によりますが、契約満了後にはマイカーにも!

損害保険会社のSOMPOとDeNAがタッグを組んでサービスを展開。
月額料金は2万円台から、走行距離を選択することが可能です。
国産車だけでなく輸入車も豊富。
専任担当者が契約満了までサポートしてくれるのも魅力。

コスモ石油が展開している車サブスク。

月額料金はミラ・イースで16,390円(税込)から。
コスモ石油が展開しているので、ガソリン料金が1lあたり5円/引きなど、
会員特典で燃料費もお得に!

ワンランク上の車に乗ってみたい!

日本を代表する自動車メーカー、トヨタが放つサブスク。

パッソなら月額11,220円(税込)から乗れちゃいます。
契約期間は3年、5年、7年と選択可能
契約期間の途中でも車種の変更が可能なところがポイントです。
KINTOならあの高級車のレクサスにだって乗れちゃいます!

あのボルボがサブスクに乗り出すと報道されたときは、騒然となりました。

月額料金は67,170円(税込)からとちょっとお値段は張りますが、
あの高級車のボルボに乗れます!
面倒な手続きなしで乗れるなら、これもアリかも。

最短90日から契約期間を選択できます。

90日で乗り換え可能なプランの月額料金は59,800円(税別)から。
選べる車は国産車・輸入車のから150種以上と豊富。
90日利用後は解約金なしというのも利用者にはありがたいですね。

カーシェアも視野に入れよう

毎日乗るわけではないけれど、短時間でちょくちょく利用したいといいう方向き、
カー・シェアリングをご紹介します。

月額料金は個人会員で880円(税込)。

利用料金は15分220円から車種によって変わってきます。
乗り捨てなどはできませんが、買い物など短時間の利用には最適です。

 

タイムズ・カーシェアリングと同様、最近街でよく見かけますね。
月額料金は個人会員で980円(税込)。
carecoは利用料金がベーシッククラスで10分140円からと10分ごとに設定されています。
ベンツやジャガーなどの高級車なども車種も幅広く選択可能。
予約時間を超えると超過料金が通常の2倍になるなど、
利用する際に注意は必要ですが、上手に利用できればこちらも
短時間の利用にはもってこいです。

まとめ

今熱い!車のサブスクは本当に便利でお得?メリット・デメリット
では、話題の車のサブスクは本当に便利お得なのか?
ということを調査してきました。

車が生活の一部で、車がない生活なんて考えられない!
という方もいらっしゃるでしょうし、

車は維持費固定費がなにかとかかるし、電車もバスもあるし、持たなくてもいい
という方もいらっしゃるでしょう。

時代と共に車を持たないという人も増え、
所有することがステータスという時代でもなくなりました。

車を購入して持つという選択だけでなく、車のサブスクカー・シェアリングなど
完全に自分のものにしなくても利用できるようになりました。

これはサービスを利用する側にとって車ひとつをとっても選べる幅が広がった
ということです。

この広がった選択肢を上手に活用して、
あなたにとっての最適なカー・ライフを見つけてくださいね。