法人向け

オフィスにウォーターサーバーを!コストは抑えてモチベーションUP!

病院や薬局、美容室などで見かけることが多くなったウォーターサーバー

手軽に自分の好きな量だけ水やお湯が飲めて、便利ですよね。

今や便利だと認識することすらなく、
あって当たり前になりつつありますよね

そんな身近になったウォーターサーバーを、
1日の多くを過ごす自分たちのオフィスでも使えたらいいと思いませんか?

従業員さんのモチベーションUPに繋がるのはもちろん、
会社側も大きなメリットがあります!

ここでは、オフィスでウォーターサーバーを使うための検討事項や、
どんな場面で活躍するのかをご紹介したいと思います。

オフィス向きのウォーターサーバーは?

業務用と家庭用では、選び方が違うのでしょうか?

まずは、オフィス向きのウォーターサーバーを見てみましょう。

大容量ボトル

家庭用と違い、使用する人数が多くなります。

容量の少ないボトルでは、頻繁にボトル交換が必要になり、
気兼ねなく使うことができません。

しかし、大容量ボトルになるとそれだけ重くなります。

女性でも交換が負担にならないように、
下置きタイプの機種を選んだり、
声を掛け合って交換しやすいルールを決めておくといいでしょう。

水道直結型

利用人数が多く、大容量ボトルでも追いつかない場合などは、
水道直結型がおすすめです。

高いろ過技術で安全でおいしい水やお湯が使えます。

初期工事は必要ですが、一度設置してしまえば、
ボトルを交換する作業も消費量を把握して注文する手間もありません。

飲み物だけではなく、オフィス内でのランチタイムでカップラーメンやスープなどにも気兼ねなく使えますね。

水道水利用型

水道直結型とは異なり、水道水をタンクに入れて設置し、ろ過するタイプです。

「水道からウォーターサーバーの設置場所が遠い」

「初期工事をしたくない」

「ボトルタイプでは容量が足りない」

といった場合には、このタイプがいいのではないでしょうか。

コーヒーメーカー・給茶機一体型ウォーターサーバー

ウォーターサーバーはなくても、
すでにコーヒーメーカーを置いているオフィスは多いのではないでしょうか?

一体型タイプならコーヒーメーカーや給茶機に水を補充する必要もなく、
ウォーターサーバーの新鮮な水を利用してコーヒーやお茶を飲むことができます。

家庭用とは利用目的に違いがあり、
利用人数や使用量、水の補充方法を考えてから、
機種を選ぶといいようですね。

では、オフィスで利用する場合のコスト面はどうなっているのでしょうか?

コストを抑えた法人プラン

オフィスでウォーターサーバーを使う場合、
従業員用か来客用かで経費の処理が変わってきます。

どちらにしても会社として、コストを抑えたいのは確かです。

法人として契約した場合、
どのような違いがあるか見てみましょう。

法人プランの仕組み

一般家庭よりも明らかにオフィスの方が利用人数も消費量も増えます。

環境が急激に変わることがあまりないので、
長期契約がしやすいともいえるでしょう。

これらの理由によって、
割引が受けられる法人プランが多くなっているようです。

つまり、大量の水を利用する
又は長期で利用するなら法人プランがお得です。

他にも、割引ではなく、初回水ボトル無料や初期オプション品が無料といった
法人キャンペーン」でお得になっている場合もあるようです。

法人の場合、クレジットのみなのか、
引落しや銀行振込みに対応しているかなど、
支払い方法を確認しておくこともお忘れなく。

使い放題の定額制

宅配の水ではなく、
水道水を利用するタイプのウォーターサーバーでは定額制となります。

水の料金がかからないため、
月々サーバーレンタル料のみで使い放題です。(水道代・電気代は別途)

機種にもよりますが、
月額レンタル料金は約2,500円~4,000円台が多く、
高くても6,000円程度となっています。

水の使用料が多いほどお得といえますので、
従業員数が多いオフィスや来客が多い会社に向いているでしょう。

無料でお試し

導入したら長期で利用することが多いオフィスのウォーターサーバーですから、
まずは無料でお試ししてみるのも一つの方法です。

実際に使ってみないとわからない、
設置場所や消費量といった事前の検討事項を確認することができます。

期間はメーカーによって異なりますが、
概ね1ヵ月のお試し期間が多いようです。

ただし、解約金がかかったり、
一部地域に限られていることもありますので、注意が必要です。

無料なのは本体だけで水代は有料ということもありますので、
よく確認してからの方がいいでしょう。

自分たちのオフィスの使い方に合った法人プランを利用して、コストを抑えたいですね。

では実際、オフィスにウォーターサーバーを設置すると、
どんな場面で活躍するのでしょうか?

モチベーションUPするのはこんな時!

長い時間を過ごすオフィスにウォーターサーバーがあると、
働く従業員のモチベーションが上がります。

もちろん会社側としてもメリットがあります!

具体的にどんな場面がモチベーションUPに繋がるのかご紹介しましょう。

従業員目線

仕事中にも冷温な飲み物が手軽に

長時間仕事に没頭し、
集中力が切れてしまうこともありますよね。

「なんだかとても眠いんだ…」とパトラッシュに呼びかけてしまいそうな時、
ウォーターサーバーの冷水を飲んでシャキッと眠気を覚ますことができます。

温かい飲み物を飲んでホッとひと息つくこともできるので、
手軽にちょっとしたリフレッシュになりますね。

情報交換の場に

「水を飲もうとしたら…」
「コーヒーを入れようとしたら…」

ウォーターサーバーの置き場所で、
別部署の人と会ってちょっと立ち話しになる場面もあります。

普段関わりの少ない人たちとの社内コミュニケーションの場になって、
情報交換や気分転換にもなるでしょう。

来客時にも簡単お茶出し

来客へのお茶出しは、
どんな作業の途中でもすぐに対応しなければなりません。

ウォーターサーバーのお湯で、
簡単にお茶やコーヒーを入れることが可能です。

時間がないのに、お湯が足りず慌てて沸かすことも、
コーヒーメーカーのコーヒーが切れていて焦ることもありませんので、
すぐに仕事に戻ることができます。

湯沸かし不要

出社したらポット用のお湯を沸かす、
ポットのお湯が少なくなったら見計らって水を足す…
この作業から解放されます。

いつでもポットにお湯は沸いているものと思い込んでいる方々!

ほとんどの場合、
誰かが目を配って対応していることを忘れないでくださいね。

ウォーターサーバーがあれば、
いつでもお湯が沸いていると思い込んだままで大丈夫です。

会社側目線

ゴミの削減

ペットボトルや缶のゴミ削減になります。

ゴミ回収費用の削減にも繋がります。

福利厚生

従業員の福利厚生として扱うことができます。

少しでも充実させておきたいところですね。

災害時対策

最近は災害が多く、どの会社でも対策が急務となっていることでしょう。

ボトル型や水道水利用型なら、断水の際の備蓄になります。

※消費期限があるので、あまりにも大量にストックすることはおすすめできません。

まとめ

気持ちよく働くためには、モチベーションが重要です。

働く側のモチベーションUP仕事効率もUPするなら、
会社側としてもプラスになりますよね。

オフィスにウォーターサーバーを置くことで、
オフィス内の空気も良くなるのではないしょうか。

前述にもありますが、まずは経費処理上、
従業員用か来客用かを決める必要があります。

従業員用として設置する場合は、
水の交換や管理に協力的になりますが、来客用に設置する場合は、
来客対応をする女性事務員の仕事になりがちのように見受けられます。

せっかく導入しても誰かに負担がかかるようでは、
モチベーションが下がる人が出てきてしまうかもしれません。

あらかじめ、協力し合えるようルールを周知して、
みんなで気持ちよく使いたいですね!

無料お試し法人プランでお得に導入し、
快適なオフィスで気分爽やかに仕事に取り組みましょう。

法人向けのウォーターサーバーの利用方法は?シーン別に徹底解説!個人のお宅でのウォーターサーバーの契約が最近右肩上がりで伸びているとよく聞きます。 顧客サービスや従業員の福利厚生のため ウォーター...