カーリース

リースナブルの評判は良い?悪い?新車リースの審査〜解約まで調査!

リースナブルで車を借りたいと思っても、

「評判ってどうなの・・・?」

「悪い評判ってあるの・・・?」

と初めて利用する方は不安が多いかと思います。

そこで今回は、リースナブルの評判について調査しました!

また、契約〜解約までの流れも合わせてご紹介していくので、
ぜひ参考にして下さいね!

リースナブル他社との違い

リースナブルの評判をご紹介する前に、
他社との違いや特徴について紹介していきます。

どのサービスを利用しようか?どれも一緒なのではないか?
とお考えの方にリースナブルならわでの特徴を紹介していきたいと思います。

審査が通りやすい

特徴の一つとして審査が通りやすいという事があげられます。

カーリースの場合、車を借りる際に審査がありますが、
この審査をリースナブルでは業界初の自社リースで行っています。

自社リースとは

「自社で割賦販売契約を締結する」という意味で、
自分の会社内で独自に審査のルールを決めているという事です。

その為、「収入が○○万円以上の方」、「頭金が必ず必要」
といった厳しい条件があまりありません。

ですので、初めて利用するという方や、収入の無い専業主婦の方でも、
一定の審査条件を満たす事が出来れば誰でも審査に通る事が可能です。

審査の条件は、
「新車リース契約〜解約までの流れ」の「審査を行う」で
ご紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

購入するよりハードルが低く憧れの車に乗れる

例えば、ランドクルーザーを購入する場合、
購入金額はおよそ500万円です。

5年ローンを組むと考えた場合、
ボーナス払い10万円で毎月約8万7千円の支払いが必要になります。

これに、車検代・税金代等がかかってくるので、さらに費用がかかります。

更に高額ローンの為、審査が通るかも心配になります。

ですが、リースナブルの場合、同じランドクルーザーを月3万円
(ボーナス払い18万)で利用する事が可能です。

※ボーナス払い無しでも月々の支払い額は6万円台です。

しかも他の車も気になるなぁと思ったら、違う車種を契約する事も可能です。

購入するよりもハードルが低く憧れの車に乗ることが出来、
購入した時よりも車を乗り換えるハードルが低いのもリースナブルの特徴です。

リースナブルでは、車検代・税金代・頭金等も必要ないので、
毎月にかかる費用だけで車を利用することが出来ます。

たまーる+で毎月お得に貯められる

リースナブルの特徴の一つに「たまーる+」というものがあります。

これは、毎月少額の積み立てで+3%のボーナスが付くというものです。

この貯まった積立金で修理やリース期間終了後の買い取りなど自由に使う事が出来、
さらに満期にはボーナスが付いて最大50万円の残価清算に利用することが出来ます。

みずほ銀行での普通預金金利が0.001%なので断然お得!!!
参照:みずほ銀行

「たまーる+」を選ぶとロードサービスも付いてきます。タイヤがパンクした!故障してレッカーが必要など、もしもの時の車のトラブルにも安心です。

公式Twitterではプレゼントのキャンペーンも

リースナブルの公式Twitterでは、
プレゼントキャンペーンも行っています。

公式Twitterをフォロー、リツイートすると
抽選で様々な景品をもらう事が出来ます!

プレゼントの内容は、Amazonギフト券や、任天堂switch、テレビ等
豪華景品が盛りだくさんです。

ぜひ豪華景品を見逃すことなく、Twitterも忘れずチェックして下さいね!

リーズナブル良い評判

利用している人の中には、
どんなことに満足している人がいるのでしょうか?

ここからは、実際にリースナブルの良い評判をご紹介していきます。

月の料金が安い

「月の料金が安くて助かる」といった声があります。

軽自動車やコンパクトカーなら、毎月8千円程になります。

他のサービスでは、大体月2万円~3万円ほどかかるので、
8千円のいうのはお手軽ですよね!

では、どうして他と比較して安いのかというと、その理由は2つあります。

一つ目はボーナス払いがある為です。

詳しい料金設定を見てみると、
例えばダイハツタントの場合、月8千円ですが、
これには、年2回87,000円程のボーナス払いが含まれています。

ボーナス払い無しのプランもありその場合月21,000円程になります。

料金プランには、車検・税金・オプション代も含まれておりますし、
さらに頭金もいらないのは嬉しいですよね!

男性の口コミ
男性の口コミ
まだ、社会人1年目だから、月の支払いを抑えられるのは嬉しい!

男性の口コミ
男性の口コミ
月の給料は低いがボーナスがいいので、このプランはありがたい。

といった、利用料金が安い為、初めての方でも、
利用しやすくて助かるといった評判の声がある様です。

ダイハツタントの場合

 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月の使用料8千円21,000円
ボーナス払い(年2回)87,000円無し

2つ目は、残価設定の仕組みです。

残価設定とは?

契約満了後の車の下取り予想価格の事です。

例えば、200万の車を乗りたいと思った場合、
現金やローンで購入する場合200万を支払う必要がありますが、
リースナブルの場合5年後の下取り予想価格を残価とし、
据え置きする事が出来ます。

この場合、5年後の下取り価格が50万であれば、
リースナブルで5年間で支払う金額は150万となります。

この残価設定ですが、リースナブルでは値段が大きく落ちてしまう前に、
下取り精算をする事が出来るので、残価を高く設定する事が出来ます。

その分毎月の支払額を安く抑える事が出来るのです。

いつでも解約が可能

「一番嬉しいサービスだった!」という声が多かったのが、
いつでも解約が可能という事です。

カーリースの場合基本的に年単位で契約を結びます。

その為、違う車に乗り換えたいと思った場合や、車が必要でなくなった場合、
解約すると違約金を払わなくてはなりません。

この違約金は各会社によって計算の仕方は様々ですが、
残りの契約期間に支払われる予定だった毎月の使用料、
未払い料金、事務手数料等から計算されます。

契約期間が多く残っている程違約金は高額になります。

しかし、リースナブルの場合最初の契約期間を待たずとも、
いつでも解約する事が可能です。

カーリースを利用する方の中には、色んな車に乗ってみたいから、
出張や転勤が多く車をあまり乗る機会がないから。

といった様々な理由で、自分が乗りたい時に好きな車に自由に乗れるのを
目的にしている方もいるのではないでしょうか?

契約期間を気にせずにいつでも解約が可能なので、色々な事情でいつまで車を借りたらいいか計画が立てれない、などという方には利用しやすい。

契約内容によっては改造が可能

契約内容によりますが、車の改造が出来る事も
喜ばれているサービスの一つです。

基本契約が満了になれば車を返さなければならない為
改造やカスタマイズはしてはいけない事になっています。

しかし、リースナブルでは「車の改造をする事が出来るので嬉しい」
と評判の声があります。

では、その契約内容とは何なのでしょうか?
いたってシンプルですが、契約終了後に買い取りを選ぶという事です。

リースナブルでは契約期間が終了したのちにその車を
自分の車として買い取る事も可能となっています。

いずれ自分の車となる為、
改造やカスタマイズしても問題がないという事になります。

また、買い取りを選ばない場合でも、改造をしてOKですが、
その場合※マイナス査定となってしまう事もあるので注意が必要です。

マイナス査定とは?

契約時に定めた走行距離を著しく超過していないか、車にキズや汚れが無いか、等を審査し状態が良くないと、マイナス査定として追加で請求がかかってしまうこと。

オプションやグレードが豊富に選べる

せっかく色んな車に乗ることが出来るなら、
オプションやグレードにもこだわりたいと思う人もいると思います。

リースナブルでは
「各車ごとに好きなグレードやオプションを選ぶことが出来る!」
というのも評判の一つです。

例えば、TOYOTAのヴェルファイヤの場合、
ヴェルファイヤXからExecutive Lounge Zまで
5つのグレードから選ぶことが可能です。

オプションはそれぞれ
エコノミー・ベーシック・パーフェクトの3つから選ぶ事が出来ます。

例えば、エコノミーでは、

オーディオ・バックカメラ・両側スライドドアといった4個のオプション

ベーシックでは、

ETC、サイドバイザー、エントリーナビキット等といった7個のオプション

パーフェクトでは、

ツインムーンルーフ・後席ディスプレイ+CD・DVDデッキ・ポリマー加工等といった10個のオプション

それぞれついています。

「グレードやオプションにはこだわりたい!」
という人には嬉しいと評判の様ですよ!

リースナブル悪い評判

リースナブルを利用した人の中には、このサービスはイマイチだな、
これは他のサービスとは劣るななどイマイチな評判もある様です。

ここからは、悪い評判についてご紹介します。

契約期間が3年か5年しか選べない

リースナブルの契約期間は3年か5年しかありません

車を短期間の間乗ることが出来ればいいという方は、
3年と5年しかないのは、少し不自由に感じてしまう様です。

しかし先ほどもご紹介しましたが、リースナブルでは
いつでも解約をする事が可能です。

その為契約期間はあまり気にしなくてもいいかも知れません。

車種がある程度限られている

リースナブルが主に取り扱っている車種は、
「トヨタ・マツダ・ニッサン・ホンダ・ダイハツ」です。

その中でもトヨタ車が主にメインとなっています。

その為

女性の口コミ
女性の口コミ
自分の好みの車種が無い

女性の口コミ
女性の口コミ
カーリースというからもっと豊富な車種があるのかと思っていた

といった残念な評判の声もある様です。

人気の車種は1か月ほど待つことも

やはり人気の車種となると、自分が乗りたい時に手配が出来なかった。

という事もある様です。

女性の口コミ
女性の口コミ
車を契約しようとしたら、人気の車種で1か月待ちと言われた

男性の口コミ
男性の口コミ
乗りたい車種に限っていつも在庫が無い、
人気の車種なんだからもう少し在庫をそろえてて欲しい

といったイマイチだったという評判もあります。

人気の車種によっては、車の契約が出来るのに時間がかかってしまい、
自由に乗りたい車に乗れるというカーリースのせっかくの
メリットが台無しになってしまう事もある様です。

新車リースの契約~解約までの流れ

ここからは、実際の、契約~解約までの流れをご紹介していきます。

始めてリースナブルを利用するという人も
参考にして、大体のイメージをつかんで下さいね。

車種・契約プランを選ぶ

まずは、サイト内で自分の好きな車種と契約プランを選びます。

公式サイトを開いたら、上部の方に【車種一覧・選ばれる理由・問い合わせ】
のクリックボタンがあるので、車種一覧をクリックします。

  1. 取り扱っている車の一覧が出てくるので、好みの車種をクリックします
  2. 契約期間5年か3年を選びクリックします
  3. オプションプランを選びます
    (車種によっては、ベーシックプランしか選べないものもあります)
  4. 画面の下の方に月額シミュレーションが出来るので、
    どのくらいの金額がかかるのか計算をしてプランを最終的に決めます

※オプションは別途料金を支払えば付ける事が出来るものもあります。

メンテナンスプランと言って6か月点検やオイル交換をしてくれるもの
(月2,200円と月3,300円の2つのパターン)や、
550円か月880円ドライブレコーダーも付けられます。

メンテナンスプラン

 シンプルプラン コミコミプラン
月料金2,200円3,300円
6か月点検×
法廷12カ月点検
オイル交換12カ月ごと6か月ごと
オイルエレメント・ワイパーゴム12カ月ごと12カ月ごと
バッテリー/エアコンフィルター

/タイヤローテーション
×〇(車検時)

審査を行う

希望するプランが決まったら、審査を行います。

審査は、公式サイト内にある問い合わせ番号に直接電話するのもOKですが、
「無料ご相談フォーム」から審査を申し込むのが簡単でオススメです。

問い合わせフォームは、

  1. 公式サイトの左下にある無料相談フォームをクリックします
  2. 名前、電話番号、メールアドレス、住所、連絡可能時間
    問い合わせ種類(審査・申し込み/質問・相談)を選ぶ
  3. 申し込み後、リースナブルから電話がかかってきて申し込みを行います

リースナブル
お問い合わせホームへ

審査に通る基準としては、

  • 年収200万円以上ある事
  • 安定した収入がある保証人がいる事
  • 自己破産していない事

が一般的な審査に通る基準と言えます。

仮に年収が200万以下の方だとしても、安定した収入のある保証人の方がいれば
審査にも十分に通ると言えるので、安心です。

契約

審査に無事に通ったら、契約に移ります。

契約は通常の車を購入し納車を行う手続きと同じ様に、
車両やナンバーの登録を行います。

一般的に必要な手続きとしては、

  • 車庫証明
  • 印鑑証明
  • 委任状(車両登録に係る業務を販売店に委任しますとういう書類です)

等が必要となります。

分からない所はリースナブルの方が分かりやすく
丁寧に教えてくれますので安心です。

また、駐車場を借りるという方は車庫証明は家主の方に、
署名・捺印の取り付けが必要となります。

解約

解約する際は、先ほどの問い合わせフォームからか、
電話をして解約をする旨を伝えます。

先ほどもご紹介しましたが、
リースナブルは契約期間の途中でも解約する事は可能です。

途中解約の場合それにかかってしまう費用が気になると思いますが、
その時々や乗り方によって費用は変わってしまいます。

主に、

  • 解約した時の市場の価格
  • 解約した時の車の状態がどうか
  • 解約時の走行距離

によって変わってきます。

特に走行距離が多い場合や、車のキズや凹みなどがある場合、
その分車のメンテナンスや修理が必要となりますので、
費用も多くかかってしまいます。

都合により契約期間を待たずに解約する場合は、
上記の費用がかかってしまう事も覚えておいた方がよさそうです。

リースナブルを利用中こんなトラブルどうすればいい?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

始めてリースナブルを利用する方は、
「こんな時どうすればいいの?」

「もしもの時に慌ててしまわないか心配・・・」
など、利用中の思わぬアクシデントに戸惑ってしまう事もあると思います。

ここからは、そんなもしもの時にどうすればいいのかをご紹介していきます。

スタッドレスタイヤを利用したい

冬に利用する際は、雪の中での対策が必要ですよね?

特によく雪が降る地域の方は、車を借りるのも心配だと思います。

雪の時には、スタッドレスタイヤを付けたいと思いますが、
気になるのはカーリースの場合どうすればいいのかですよね?

リースナブルの場合、スタッドレスタイヤを付け替えて使用する事は可能です。

ただし、契約終了時には、
元々付いていたタイヤに付け替えて返すことが必要となります。

スタッドレスタイヤの準備や、タイヤの付け替えは自分でしなくてはなりません。

また、元々付いていたタイヤの保管状態が良くないと、
タイヤにヒビが入ってしまったりもします。

そうなると、返す際に別途費用がかかってしまう場合もありますので、
保管状態にも気を付ける必要があります。

タイヤ保管のポイント

  • 保管の前はタイヤの汚れをよく落とし、しっかり乾かす
    (汚れを放置するとタイヤが傷んでしまう)
  • 保管は直射日光の当たらない湿気の少ない場所で
    (紫外線はタイヤの劣化につながる)
  • タイヤはの保管は横積みが望ましい
    (縦積みの場合、ホイールの重さが地面との接地部分にかかり続け、
    タイヤが変形してしまう事がある)

事故にあってしまった時

普段から十分に気を付けて運転していても、相手の人がぶつかってきたり、
車での事故はいつ何があるか分からないですよね・・。

万が一の事故に備えて加入しておきたいのが任意保険です。

リースナブルでは、任意保険の加入は契約の中には含まれていないので、
自分で加入しておくことが大切です。

リースナブルでは、車検の際に必ずかける自賠責保険は、
かかっていますので、任意保険は加入しなくても
大丈夫と思っている方もいるのでは無いでしょうか?

ですが、自賠責保険だけでは万が一の際の補償が全然足りないのです。

主にどんな事が違うのかというと、

自賠責保険では

相手にケガや後遺障害などを負わせた時の補償になります。補償額は、被害者1名について死亡、後遺障害3,000万円、傷害120万円です。

この様に、相手のケガ等にしか出ません。

ですが、相手も車だと車の損害が発生しますよね。

また、お店などに誤ってぶつかってしまたり、
他人の家等に衝突してしまった場合、自賠責保険では対応出来ませんし、
自分自身がケガした時の補償もありません。

任意保険では

  • 対人(相手へケガをさせた時の補償)
  • 対物(相手のモノを壊した時の補償)
  • 人身傷害(自分自身・搭乗者のケガの補償)
  • 車両(自分の車の補償)

等、自賠責保険では補償されない部分を補償してくれる保険となっています。

カーリースを楽しく利用する為にも任意保険の加入を
忘れずにしておく事が大切です。

まとめ

リースナブルの評判や契約~解約までの流れをご紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか・・・?

リースナブルでは、他と比べて料金が安かったり、
オプションやグレードを豊富に選ぶ事が出来るといった良い評判もありますが、
車種がある程度限られていたり、人気の車種は1か月ほど待つことがあったりと
悪い評判もありました。

ですが、好きな時に解約が出来たり、改造が可能だったりと、
カーリースならではの自由な条件がある事がリーズナブルの喜ばれる
評判の一つでもあります。

ぜひ、自分の好きな車を選んでリースナブルで、自由な車がある生活を
楽しんでみて下さいね!

リースナブル 公式サイト