カーリース

トヨタのKINTOは高すぎる?他社のサービス料金はどうなのか徹底比較

車のサブスクの一つトヨタのKINTO

口コミを見ると「高すぎる」「他社のサービスに比べて料金プランはどうなの?」
といった声があります。

今回は「トヨタのKINTOは高すぎるのか?

他社のサービスと比べて料金プランはどうなのか?

といった皆さんの疑問を徹底解説していきたいと思います

トヨタのKINTOは高いのか?気になる料金プランとは?

そもそもトヨタのKINTOには

  • コンパクトカー
  • SUV
  • ミニバン
  • セダン・ワゴン・クーペー

の中からお好みの車種を選ぶことが可能です。

それぞれの料金プランについてご紹介していきます。

※KINTOでは契約期間が3年・5年・7年あり、
ボーナス払いも、『 なし〜16.5万 』まで選ぶ事が出来ます。
ここでは、すべてのプランでボーナス払いなしの時でご紹介していきます。

コンパクトカー

コンパクトカーではパッソ、ルーミー、ヤリスの車種が用意されています。

それぞれの料金プランを見ていきますと、

パッソ

契約期間 月の使用料
3年37,510円~
5年35,970円~
7年33,990円~

ルーミー

契約期間月の使用料
3年37,180円~
5年34,540円~
7年33,000円~

ヤリス

契約期間月の使用料
3年42,680円~
5年39,490円~
7年37,180円~

どれも大体3万円代から利用する事が可能です。

当然ですが、契約期間が長くなればなるほど月の使用料も安くなり、
またボーナス払いを付けると大体約2万5千円前後の使用料となります。

SUV

SUVでは、RAIZEやハリアー、ヤリスクロスなど、KINTOの中でも人気の車種がそろっています。

それぞれの料金プランをご紹介していきます。

RAIZE

契約期間月の使用料
3年39,820円~
5年36,960円~
7年34,650円~

ヤリスクロス

契約期間月の使用料
3年44,550円~
5年41,250円~
7年39,380円~

C-HR

契約期間月の使用料
3年57,200円~
5年53,240円~
7年50,270円~

ハリアー

契約期間月の使用料
3年61,600円~
5年53,310円~
7年54,010円~

RAV4

契約期間月の使用料
3年62,480円~
5年58,080円~
7年54,780円~

ランドクルーザープラド

契約期間月の使用料
3年67,650円~
5年62,920円~
7年59,290円~

レクサス(UX)
(※レクサスは契約期間3年しかありません)

契約期間月の使用料
3年74,800円~

SUVとなると、コンパクトカーに比べて月の使用料は若干上がってしまいます。

ボーナス払いをありにしたとしても、高いもは月約5万の使用料です。

ミニバン

お子さんがいるご家族に人気のミニバンは、シエンタやノアなどの車種があります。

それぞれの料金プランをご紹介していきます。

シエンタ

契約期間月の使用料
3年49,500円~
5年46,090円~
7年43,560円~

ノア

契約期間月の使用料
3年56,650円~
5年52,690円~
7年49,720円~

ヴォクシー

契約期間月の使用料
3年59,950円~
5年55,770円~
7年52,580円~

エスクアィア

契約期間月の使用料
3年60,500円~
5年56,320円~
7年53,130円~

アルファード・ヴェルファイア

契約期間月の使用料
3年73,700円~
5年68,530円~
7年65,780円~

ミニバンは平均して月6万円前後の料金となっています。

セダン・ワゴン・クーぺ

月20万の契約もあるレクサスなどの高級車を取り扱っている
セダン・ワゴン・クーペの料金プランをご紹介していきます。

カローラ

契約期間月の使用料
3年52,250円~
5年48,400円~
7年46,200円~

プリウス

契約期間月の使用料
3年52,360円~
5年48,730円~
7年46,530円~

クラウン

契約期間月の使用料
3年98,340円~
5年90,970円~
7年85,580円

カローラツーリング

契約期間月の使用料
3年50,600円~
5年47,080円~
7年45,210円~

レクサス(LS)※3年契約のみ

契約期間月の使用料
3年238,700円

レクサス(RC)※3年契約のみ

契約期間月の使用料
3年130,900円~

レクサスなどの車はさすがに月の使用料も高級になっています。

KINTO 公式サイト

他社のサービスとの料金比較

KINTOの料金プランについては分かりましたが、
他社のサービスの料金プランはどうなのか気になりますよね?

ここからは、他社のサービスとの料金を比較しご紹介していきます。

新車リースクルカ

日本全国・世界中のネットワークとノウハウによる「最低価格」を謳っている
新車リースクルカ」3年以内の短期リースが特徴です。

そんな「新車リースクルカ」の料金プランはどうなっているのかと言うと、

ミニバン 

車種新車リースクルカKINTO
ヴォクシー38,300円~59,950円~
アルファード43,800円~73,700円~

SUV

車種新車リースクルカKINTO
ハリアー32,800円~61,600円~
RAV449,300円~62,480円~

セダン

車種新車リースクルカKINTO
プリウス38,300円~52,360円~
クラウン82,300円~98,340円~

※ボーナス払いなし

最低価格を謳っているだけあって、KINTOと比べると価格も大分安いのが特徴です。

新車リース クルカ

定額カルモくん

国産全メーカー、全車種がある事が特徴の「定額カルモくん

料金プランはというと、

コンパクトカー

車種定額カルモくんKINTO
パッソ18,240円~37,510円~
ヤリス21,170円~42,680円~

ミニバン

車種定額カルモくんKINTO
シエンタ25,240円~49,500円~
ノア34,240円~56,650円~

SUV

車種定額カルモくんKINTO
ヤリスクロス25,350円~44,550円~
C-HR31,510円~57,200円~

定額カルモくんも、パッソが18,240円~など比較的安い料金プランが多いのが特徴です

定額カルモくん

リースナブル

いつでも解約が出来、車の納車がスピーディなのが特徴の「リースナブル

気になる料金プランをご紹介しますと、

ミニバン

車種リースナブルKINTO
ヴォクシー19,800円~59,950円
シエンタ19,800円~49,500円~

SUV

車種リースナブルKINTO
ハリアー19,800円~61,600円~
RAV419,800円~62,480円~

セダン

車種リースナブルKINTO
プリウス19,800円~52,360円

リースナブルでは、どの車種でも基本19,800円~と一定である事が多いです

リースナブル

他社と比較してみてどうなの?

新車リースクルカ・定額カルモくん・リースナブルと比較してみましたが、
実際他社と比較してみて分かる通り、KINTOは月の料金が高い事が分かりました

どうして、こんなに金額に差があるのかというと、
一番はKINTOにはプランの中に任意保険も含まれている事だと思います。

車を運転するには、

強制保険の自賠責保険(車検の際に必ず加入してある)

任意保険(自賠責保険でカバーしきれない部分の保険)

は必ず加入しておくべきですが、
他の会社では、任意保険が含まれていない事がほとんどです

その為、自分で加入をする必要がありますが、
現在は保険会社も多種多様あり、選ぶ手間もかかりますし、
月の使用料プラス別途任意の保険料を支払う必要もあります。

その手間を省く事も出来ますし、月の使用料以外に別途かかる費用は
一切ないのはKINTOの魅力の一つです。
(ガソリン代、駐車代は別途自己負担です。)

二つ目は、どの車も新車であるという事です。

KINTOはどの車も新車の車が提供されています。

カーリースの場合、中古である事がほとんどですので、
カーリースだけれど、キレイな新車に乗れるのは嬉しいですよね!

2020年の1月からは新しく中古車プランも始まりましたので、新車にこだわりが無いという方は月1万~2万前後で利用する事も出来ます。

KINTOは購入とどっちがお得?

ここからは、KINTOは購入とどちらがお得なのか、
それぞれのメリット・デメリットもご紹介しながら、解説していきます。

購入した場合のメリット・デメリット

メリットとしては、

  • 自分のものになる
  • 不要になった際は、自由に売却する事が出来る
  • 毎月使用料を払う必要が無い
  • 契約期間を気にして次にどの車にするか悩む手間や手続きが必要ない

デメリットとしては、

  • 車検やワイパー交換などメンテナンス費用が別途かかる
  • 任意保険に加入しなければならない
  • 一括で購入する余裕がない場合ローンを組む必要がある
  • 頭金が必要な場合もある

といった事があげられます。

購入の場合、自分の持ち物となるのでキズが付いたりしても、
直ぐに修理しなければならないといった事もありません。

また、契約期間なども無いので、契約期間終了後次の車をどうするか、
いちいち気にして乗る必要もありません。

しかし、車検やワイパー、バッテリー等の交換などメンテナンスが必要となり、
手間と費用もかかります。

KINTOを利用した場合のメリット・デメリット

メリット

  • カーリースでありながら、新車に乗ることが出来る
  • 任意保険も加入してあるので、手続きの手間がかからない
  • 契約期間終了後車を購入した方は等級を引き継ぐことが出来る
  • ボーナス払い無しを選択する事が可能なので、月の料金が一定

デメリット

  • 学生は車種や契約者などが制限される場合もある
  • 購入する際と同じようにしっかりと審査がある
  • 最短でも3年間は利用しなければならない
  • 禁煙・ペットの乗車不可・改造不可といった条件がある

といった事があります。

KINTOの場合カーリースでありながら、新車に乗ることが出来たり、
ボーナス払い無しを設定出来るので、毎月の金額が一定だったりと、
いったメリットがあります。

一方で、しっかりとした審査があるので、そもそも審査に通らないと
利用する事が出来なかったり、ペットの乗車や改造が不可などといった
利用するにあたっての条件があったりします。

KINTOと購入した場合それぞれの費用を比較

ここでは、KINTOの中でも人気NO.1のヤリスクロス、プリウス、ノアについて
比較をしていきます。

ヤリスクロス

KINTOの場合 ボーナス払いなし

3年月44,550円~
5年月41,250円~
7年月39,380円~

購入した場合 価格250万  ローンを組んだ場合 金利1.900%

3年月71,497円~
5年月43,710円~
7年月31,808円~

プリウス

KINTOの場合 ボーナス払いなし

3年月52,360円~
5年月48,730円~
7年月46,530円~

購入した場合 価格 280万 ローンを組んだ場合 金利1.900%

3年月80,077円~
5年月48,955円~
7年月35,625円~

ルーミー

KINTOの場合 ボーナス払いなし

3年月37,180円~
5年月34,540円~
7年月33,000円~

購入した場合 価格 204万 ローンを組んだ場合 金利1.900%

3年月58,341円~
5年月35,667円~
7年月25,955円~

上記をそれぞれ比較してまとめますと、

  • 仮に3年ローンを組むとすると、上記の3種類ではどの車もKINTOを利用した方が安い
  • 5年・7年とローン期間も延びれば月の使用料はKINTOと同額、もしくはKINTOよりも低い
  • 購入の場合これにメンテナス代や任意保険料等が必要ですので、毎月の料金は実際はこれよりも費用がかかる。

これらを考えると、購入とKINTOを利用するどちらがいいのかは、
使用する状況や購入時期に合わせる方がいいと言えます。

例えば、海外赴任や転勤が考えられる仕事だと、車を購入しても
後々手放さなければいけない場合もあると考えられます。

また、新卒の方や学生の方はローンを組んでも返済や車検代・保険代と
支払いが多く現実的に厳しいのではないでしょうか?

この様に、車を長期的に使用する予定が無いという方や、新卒や学生でも
「新車の車に乗りたい!」「グレードがいい車に乗りたい!」という方は、
KINTOを利用してみるのもいいのではないかと思います。

逆に、「田舎なので、車は生活する上で欠かせない」
「入社して数年経ち給料もUPしたので、毎月ある程度余裕がある」とういう方は、
購入するのもいいでしょう。

まとめ

KINTOの料金プランや他社のサービスとの比較をご紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか?

確かにKINTOの月の料金プランは他社と比べても高いと言えます。

しかし、他のサービスにはない、

  • カーリースなのに、新車に乗れる
  • 月の使用料に任意保険が含まれている

といった魅力的な面もあります。また、購入とKINTOどちらがお得かという事ですが、
これは、車を使用する状況やどのくらい利用したいのかで、
選ぶのがおすすめです。

学生や新卒でお金がないという方や、車を長期的に乗る予定は無いけれど、
グレードの高い車に乗りたいという方にはKINTOを利用してみるのもおすすめです。

反対に、長期で利用する。車が好きなので、愛着を持って乗りたい、カスタマイズしたい
という方は購入する事をおすすめします。

その時の状況や車をどのくらい使用するのかで、上手にKINTOを利用してみて下さいね!

KINTO 公式サイト