年代・性別・混同

2020年メンズ・レディース腕時計トレンド予測!スマート&スポーティー

いよいよ元号が変わった2019年も残りわずか!
腕時計業界も常に新しい風が吹いています。

2019年はどんな腕時計が流行り、どんな傾向があったでしょうか?

2020年はどうでしょう?

老舗の高級時計ブランドも、若い世代へと視点を向けつつあります。

拡大しつつあるウェアラブル端末、スマートウォッチという言葉も耳慣れてきました。

そして、スポーツ選手の世界への進出、東京オリンピックの開催などにより、
スポーツウォッチ・スポーティーデザインの流れが出てきました。

それでは、2020年はどのようなトレンドの流れが展開していくのか、
メンズ・レディースそれぞれご紹介しながら、詳しく予測してみましょう!

2020キャッチーな腕時計予測

まず、2020年にキャッチーな腕時計を予測していきましょう。

2019年にトレンドに上がったものが、そのまま継続していくでしょうか?

ここ数年の人気の腕時計には、どんな傾向があったのか流れを振り返ります。

そして2020年に向けて、キャッチーな腕時計をいくつかの視点から予測してみましょう。

トレンドの流れ

まずは、ここ数年の大きな腕時計業界の流れをみていきます。

その中から、トレンドを探り出して、今までの傾向を紐解いていきましょう。

マニュファクチュール

マニュファクチュールとは、自社工場で一貫して生産を進めていくことです。

デザインのみならず、腕時計製造の要となるムーヴメントはもちろん、
秒針1つに至るまで自社で生産することです。

ここ十数年は、老舗の高級ブランドメーカーもオリジナリティーを追求し、マニュファクチュールを取り入れる傾向にありました。

オリジナリティーのある独創的な製品を作ることができる半面、
こだわりが強いほどコストが高くなるという現状もあります。

それでも、他の部品を他社より仕入れる「エタブリスール」のメーカーより、
マニュファクチュールの根強いファンが定着したことは大きなトレンドの1つとなっています。

マニュファクチュールのメーカーとしては、ロレックス、オーデマピゲ、パネライなどがあります。

日本を代表する時計メーカー、セイコーもその1つです。

時計の心臓部・ムーブメントの部品まで作り上げていくという、昔から引き継がれてきた日本の伝統技術には誇らしさを感じます。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、新しくプロジェクトを立ち上げる際に、
インターネットを通じて群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)を募る手段です。

2018年、このクラウドファンディングが、
日本では初めて時計業界でもスタートしました。

「WATCH MAKERS(ウォッチメーカーズ)」というサイトです。

このウォッチメーカーズ以外のクラウドファンディングからも、
今注目の新進気鋭の日本のブランドが続々と立ち上がっています。

長い時計業界の歴史の中で、こうして新しく生まれたブランドの認知度が高まっていくのはまだまだ先の話かもしれませんが、
新しい形で始まったブランドは新しい形で業界に風を吹かせてくれるはずです。

実際に脚光を浴びている、独創的なブランドをいくつかご紹介しましょう。

UNDONE(アンダーン)

アンダーンの特徴といえばカスタマイズです。

未完成というブランド名には、
「最後に完成させるのはあなた」という意味が込められています。

4億通り以上のカスタマイズが可能ということを強みに、様々なキャラクターやブランドとのコラボを展開しているのも魅力です。

monologue(モノローグ)

monlologue(モノローグ)

綺麗な水と澄んだ空気、精密機械工業が発達している長野県で生み出される時計です。

カスタマイズを謳っており、ベルトにはデニムや日本伝統色のレザーなど魅力的なラインナップが並びます。

「10万円台で買える日本製の自動巻クロノグラフ」も脚光を浴び、人気があります。

新しく生み出されたブランドを見てみると、
「カスタマイズ」ということもキーワードになってくるようです。

2020トレンドは?

さてそれでは、来る2020年のトレンドを予測してみましょう。

マニュファクチュールとクラウドファンディングのウォッチメーカーズは、

大きな流れとして継続していくでしょう。

そして新たな流れとして、
ケータイ世代となった若者に腕時計の価値観を見出してもらおう、という動きが出てきまた。

その戦略はきっと2020年のトレンドとして、波に乗ってくるはずです。

キーワードはスマート&スポーティーです。

トレンド予測①スマートウォッチ

スマートウォッチはトレンドの中心になってくると言っても過言ではないでしょう。

日本のみならず世界単位で開発が進み、
1歩2歩先を行くスマートウォッチは、トレンドと言って間違いないはずです。

ウェアラブル端末の拡大

IT分野を中心とした調査を行う企業であるガートナー社が発表した最新の調査によると、

2020年には、ウェアラブル分野への世界の支出が2019年より27%増加するという結果が出ています。

2020年のみならず、この先も着実に拡大が見込まれている分野でもあります。

そして、その中でも伸び率の筆頭となっているのが、スマートウォッチです。

スマートウォッチといえばスマホとの連携が最大の機能といえます。

Apple Watchのように画面がタッチタイプで、デジタル表示のものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし最近の傾向としては、ビジネスシーンにも最適な腕時計タイプのウォッチフェイスのものが人気です。

そして、さらに進化したものがハイブリッドスマートウォッチです。

デジタルとアナログ両方の機能を兼ね備えた、まさにハイブリッドな腕時計は、

間違いなくこれから更に進化を続けていき、トレンドとなっていくはずです。

ハイブリッドスマートウォッチ2020

それでは2020年にトレンドとなってくる、ハイブリッドスマートウォッチに絞って、おすすめをご紹介していきましょう!

一般的なスマートウォッチとハイブリッドスマートウォッチは、別のものと考えられます。

大きな違いとしては、デザイン性と充電の必要性(頻度)になります。

約1日で充電が必要になるスマートウォッチと違い、ハイブリッドスマートウォッチは数か月ほど充電が必要でないものが多くあります。

多機能である分、本当に自分に必要な機能を兼ね備えたものをよく選んで購入しましょう。

そして、まだまだこれから新しく拓かれていくハイブリッド機能の分野は、
クラウドファンディングでも賑わいを見せています

個性的な逸品が続々と登場していますので、今後も目が離せません。

メンズ

大人の遊び心たっぷりな男性におすすめしたいのが、

ドイツ初、日本初上陸の「OSKRON」です。

株式会社GLOTUREが独占販売企業として、クラウドファンディングをはじめました。

コンセプトは「スマートフォンより自立した生活を送ること」。

Chronos社由来の新興ブランドだけあり、
よりスマートな生活を送ることを考えられた時計です

  • 電話の着信通知
  • アプリからの通知を文字盤に表示
  • アプリからのテキストメッセージを文字盤に表示
  • カレンダー・リマインダー
  • 活動量計(歩数の情報をもとに健康管理ができます)
  • 世界時計および天気情報(現地時間に加えて最大5都市までの時刻と天気を表示可能)
  • 各種タイマー・ストップウォッチ
  • コンパス
  • ナビゲーション
  • ホットキー機能(時計のボタンを押すことでスマートフォンの機能を呼び出せます)
  • 電話を探す (近くにあるスマートフォンを鳴らすことができます)
  • カメラのリモート・シャッター (自撮りに便利)
  • 音楽再生・停止

引用元:株式会社GLOTUREホームページ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OSKRON(@oskron)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OSKRON(@oskron)がシェアした投稿

レディース

レディースでおすすめしたいのは、

FOSSILの新型ハイブリッドスマートウォッチ「ハイブリッドHR」です。

e-インクのモノクロディスプレイでありながら、

1時間以下の充電で約2週間バッテリーが持つという優れものです。

商品詳細

  • アクティビティ・トラッカー(活動量計): ビルトインフィットネストラッカー
  • お知らせ: テキストメッセージ / Eメール / ソーシャルメディア / アプリ通知 / 複数のタイムゾーン対応 / アラームクロック / カレンダー通知
  • 機能: 心拍トラッキング / ボタンのカスタマイズ / 通知 / ダイヤルのカスタマイズ / 音楽プレーヤーの操作 / アクティビティトラッキング / 取り替え可能なウォッチストラップ
  • データ送受信: Bluetooth Smart対応 / 5.0 Low Energy
  • 互換性: Android™ 5.0以降、iOS 10.0以降

引用元:FOSSIL公式HP

レディースは、洗練された上品さの中に、可愛らしいカラーで、ビジネスシーンにもぴったりです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@fossilがシェアした投稿

メンズもありますので、ペアでこの新作を身につければ、注目の的間違いなしです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@fossilがシェアした投稿

トレンド予測②スポーティースタイル

もう1つのトレンドと言えるのが、スポーティースタイルです。

若年層が取り入れやすいように、という流れもあります。

そして最近はブランドの広告塔としてモデルではなく、
実際のスポーツ選手を起用する傾向があります。

更に2020年はオリンピックの年でもあることから、トレンドの傾向として、スポーツウォッチやダイバーズウオッチなどのスポーティースタイルが求められています

スポーツ選手の起用

最近では、NBAで躍進を遂げているプロバスケットボールプレーヤーの八村塁選手が、G-SHOCKとグローバル・パートナーシップを結びました。

これからG-SHOCKの広告塔として、八村塁選手を目にする機会も増えてくるはずです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

G-SHOCK OFFICIAL(@gshock_jp)がシェアした投稿

プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手は2018年からシチズンのブランドアンバサダーに起用されています。

試合中も実際に身につけて臨んだエコ・ドライブシリーズは、スーパーチタニウム素材を使用した超軽量ケースが特徴です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CITIZEN(シチズン時計)(@citizenwatchjp)がシェアした投稿

東京オリンピック

いよいよ東京オリンピック2020も目前に迫ってきました。

4年に1度のこのスポーツの祭典も、
間違いなくスポーティースタイルのトレンドを予感させるイベントです。

大会のオフィシャルタイムキーパーであるOMEGA(オメガ)は、「シーマスター」「スピードマスター」で、東京オリンピックのリミテッドエディションを発売しています

スポーティースタイル2020

それでは、スポーティースタイルを中心に、2020年に波に乗ってくるであろうおすすめをご紹介いたします。

スポーツウォッチと呼ばれるものは、

簡単に言えば、各種スポーツをする際に最適な機能が備わった腕時計になります。

防水機能や視認性に優れ、タフであることは必須の条件です。

その他、タイムデータの記録やGPS機能、心拍計測機能など、それぞれ特徴があり、自分にピッタリなものを探すことができます。

スポーツウォッチ=スマートウォッチへと自然と形を変えてきているようです。

メンズ

おすすめしたいのは、Garmin(ガーミン)Instinct Tactical Editionです。

Garminは、最先端のGPSナビゲーション機能を航空業界からスタートしたのをきっかけに、「GPSを普及させて世界を変える」という理想のもとに急成長してきました。

今回おすすめするInstinct Tactical Editionは、ミリタリー系のかなりタフなアウトドアウォッチです。

これからのスポーツ・アウトドア分野で期待したいブランドの1つです。

最も過酷な環境に耐えうるタフネスGPSアウトドアウォッチ

  • アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」準拠の高い耐熱性・耐衝撃性および耐水性を実現。
  • 暗視モードの「ナイトビジョン」をON にすると画面のバックライトが低下。暗視ゴーグルをつけている時でも画面の表示をはっきり確認できます。
  • デュアルポジションフォーマットにより、緯度/ 経度だけでなく、米軍をルーツにN ATO で使用されてきた高精度なグリッドコード「MGRS」のデータを同時に表示。MGRS は1メートルオーダーで座標を示すことができるため、世界中どこにいても現在地をより正確に把握できる。
  • ステルスモードを有効にすれば、GPS の位置情報の取得や保存をOFF にして、無線通信も無効化します。これにより、GPS の軌跡や位置情報の漏洩を避けることができます。
  • 経験豊富なスカイダイバー向けに設計されたジャンプマスター機能は、ミリタリーのガイドラインに沿って高度を計算、さらに上空でジャンプしたことを自動的に検出し、そこから目的地点までの下降ルートをナビゲートします。
  • 3軸電子コンパスと気圧高度計を内蔵。更に複数のグローバルナビゲーション衛星システム(GPS、GLONASS、準天頂衛星みちびき1、Galileo)に対応しており、GPSのみの場合と比べてより過酷な環境での追跡をサポート
  • 日々の心拍数、アクティビティ、ストレスをモニタリング2。内蔵されたスポーツアプリを使ってあなた好みのトレーニングを。
  • 互換のスマートフォンとペアリングすれば、アクティビティの終了後、GarminConnectオンラインフィットネスコミュニティへ自動的にアップロードすることもできます3
  • TracBack機能を使って、同じルートでスタート地点に戻れるようにナビゲート。Garmin Exploreウェブサイトとアプリを利用して、事前に登山などのトリップルートを計画できます。
  • バッテリー寿命:スマートウォッチモードで最長14日、GPSモードで最長14時間、UltraTracバッテリー節約モードで最長35時間(設定により異なります)

引用元:GARMIN公式HP

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Garmin Outdoor(@garminoutdoor)がシェアした投稿

レディース

レディースでおすすめしたいのはSUUNTO(スント)SUUNTO 3 FITNESSです。

北欧の洗練されたシンプルなデザイン性は、アクティブな女性にぴったりです。

SUUNTOはアクセサリーストラップも新しいものが発売されるなど、おしゃれに敏感な女性にとっても今後注目したいブランドです。

製品概要

 アダプティブトレーニングガイド

 毎日24時間の歩数、消費カロリーと睡眠を記録するアクティビティ追跡機能

 電話の着信、テキストメッセージや通知を時計画面で確認

 アクティビティを追跡しながら、5日間のバッテリーライフ

引用元:SUUNTO公式HP

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スントジャパン公式インスタグラム(@suuntojapan)がシェアした投稿

まとめ

ここ数年の大きなトレンドの流れから、
2020年に向けてのトレンドを様々な視点から予測いたしました。

この先より一層、ウェアラブル端末をはじめとしたスマートウォッチが拡大していくことは間違いないでしょう。

まだ生活に取り入れていない方は、ぜひ2020年はチャレンジしてください

きっと世界が変わってくるはずです!

腕時計もシェアリングの時代へ!レンタルするなら店舗がおすすめ!腕時計もレンタルできるシェアリングサービスがあるのをご存知ですか? 実は、腕時計のレンタル利用者は、2017年~2018年のたった1年間で2倍に増えているんです。...