女性(腕時計)

【女性編】結婚式や二次会に腕時計はNG!?ゲストのマナーについて

結婚式って招待される度にどんな服装でいこうか悩みますよね。

ドレスを選んでパンプスを合わせて。それに合う腕時計やアクセサリーはどうしよう?
『あれ?腕時計ってつけてもいいんだっけ…?』

せっかくドレスを着るならおしゃれをして参列したいけどマナー違反はしたくないものです。

今回は結婚式や二次会での腕時計着用について確認していきましょう!

腕時計はつけても大丈夫?

腕時計着用に関してマナーがあるのは、結論から申し上げると
時間を気にしているという印象を周囲に与えてしまうからです。

お祝いの席であれば時間を気にせず楽しむ姿勢が好ましいのに、
「時間を気にしている」=「早く帰りたいのかな?」と周囲に思わせてしまうのはあまり望ましくありません。

近年は腕時計の着用をマナー違反とする考えは薄くなってきているため、
ファッションの一部として着用する人も増えてきているようですが、
気にする方がいるのも事実です。

そこで、まずはマナーを守る意味を再確認したいと思います。

マナーを守る意味

結婚式での女性ゲストのファッションに関するマナーだけをとってもたくさんあります。

  • 白色はNG
  • ファー素材や革製品はNG
  • 過度の露出はNG
  • 素足はNG

など、気にしなければいけないことはたくさんあります。

では、なぜこんなにもたくさんのマナーがあるのでしょうか。

それは、TPOをわきまえた「身だしなみ」をし、
他者に不快感を与えないようにする配慮のためです。

身だしなみと似た言葉に「おしゃれ」がありますが、これは自分の個性や好きなものを表現することですね。

友達との遊びやデートでは好きな服装でおしゃれしても何の問題もありませんが、
結婚式には両家のご親族や様々な年齢層の招待客がいます。

様々な年齢層が集まるということは、マナーに関する価値観もそれぞれ異なります。

身だしなみのマナーを守って、みんなが気持ちよく過ごせるように心がけたいですね!

結婚式に腕時計はつけても良いのか

結婚式での腕時計着用はマナー違反にあたるため、基本的には避けたほうが無難です。

ただし、前述したとおり

「腕時計はファッションの一部でありマナー違反ではない」

という認識もでてきているので、
ゲストの年齢・構成や、受付やスピーチを頼まれているか等、
ご自身の立場で判断してもいいかもしれませんね。

着用する際は、手元を華やかにしてくれるドレッシーなデザインの
「ブレスレットウォッチ」がお勧めで、主張しすぎない小ぶりの文字盤がいいでしょう。

式場の雰囲気に合わせた腕時計を選ぶのも大切です。

格式高いホテル挙式であればクラシックでフォーマルなメタルバンドが好ましいですし、ゲストハウスなどでの挙式であればカジュアルな革ベルトでも良いでしょう。

が入っているものや、

文字盤が割れているものは絶対に避けましょう。

「傷やヒビ=割れ物=別れ」が連想され

縁起が悪く捉えられるため、結婚式には相応しくないからです。

二次会は腕時計OK?

では、二次会での腕時計の着用はどうでしょうか。

二次会もお祝いの席なので、やはり腕時計の着用はしない方が好ましいです。

しかし、ゲストの多くが新郎新婦の友人である二次会では、
披露宴よりもぐっとカジュアルな雰囲気になり、
アクセサリーとして腕時計を着用する人も増えます。

何度も腕時計を確認するなどして「時間を気にしている」という印象を与えないよう心掛ければ、

ファッションとして腕時計を着用するのもありだと私は思います。

まとめ

結婚式や二次会での腕時計は着用しないほうが無難です。

しかし、「ファッションの一部」という認識も強まってきているので、
ゲストの年齢・構成や自身の立場や式場の雰囲気によって判断しましょう!

腕時計はつけたいけれど…
ドレスに合わせられるようなデザインを持っていないという方は、

レンタル腕時計を利用してみるのもいいと思います♪

フォーマルシーンにぴったりなブレスレットウォッチのラインナップが数多くあります。

メンテナンスもしっかりされているので、結婚式・二次会を期にレンタルをしてみるのもいいですね!

ゲストとしてのマナーを守り、気持ちよく新郎新婦を祝福しましょう♪

女性も憧れる手の届かない高級腕時計を気軽にレンタルする時代へ!女性も憧れる高級腕時計を気軽にレンタルし、日々のモチベーションUPにもなるサービスを利用してみてはいかがでしょう?...
腕時計に隠された心理とは!?異性から見ても好印象な時計の選び方腕時計に興味がある人もない人も、素敵な腕時計をしている人がいるとつい目がいってしまいませんか? 実は、腕時計から読み取れるのは時間だけ...