バッグ・コラム

公式と段違い!?本物のブランドバッグを激安で手に入れる方法3選

皆さん、ブランドバッグは持っていますか?

特に一流ブランドだとなると、持っているだけで気分が高揚したり優越感に浸れる上に、
日々のコーデも一気に格上げされますよね。

大切な人へのプレゼントにも人気です。

「よし、ブランドバッグを買おう!!」

とは思い立ってはみるものの、一流ブランド故の高い価格が悩みどころだったりしませんか?

一流ブランドであればあるほどなるほど偽物が流通している可能性も多く、心配ですよね。

そこで今回は本物のブランドバッグを激安で買う方法を紹介したいと思います!
公式価格の7割の価格、運が良いときは半額以下で買えるかも!?

ブランドバッグ、どんな風に買ってますか?

皆さんは普段ブランドバッグをどこで、
どんな風に買っている、または買うつもりですか?

街中やデパートの中にある専門店?

各ブランドの公式サイトに載っているお買い物ページ?

メルカリなどのフリマサイト?

その他にも意外と様々な方法があってどうしたらいいか悩みますよね…。

実は、買い方によっては偽物の商品を買ってしまう可能性が高いんです!

ということで、今回は確実に本物のブランドバッグを、公式価格より安く買う方法をまとめてみました!

激安で買う方法3選

その3つの方法とは以下の通りです。

○ブランドの発祥国で買う

○並行輸入品を買う

○アウトレット品を買う

なぜ安く買えるのか?というところも含めて、
これから一つずつ詳しく見ていきましょう!

ブランドの発祥国で買う

こちらが激安で買える一番定番の方法になります。

ルイヴィトンやグッチなどの海外発ブランドを日本で買う場合、
自動的に送料・関税・手数料が商品価格に加算されています。

手数料の中にはブランド料が含まれている場合があり、
一般的に現地で買うと日本の公式価格より30%程度安くなると言われています。

加えて、海外で買い物をすると免税制度が使えますので、さらに安く買うことが出来ます!

免税の手続き方法は国や店舗によって違うため確認が必要ですが、
TAX FREEDUTY FREEの表示がある店で買うようにしましょう!

下に有名ブランドの発祥国をまとめました。

気になるブランドの発祥国に旅行の際には、
ぜひブランド店に足を運んで安くで商品をゲットしてみてはいかかでしょうか?

ルイ・ヴィトン
エルメス
クロエ
セリーヌ
シャネル
ロンシャン
サンローラン
フランス
グッチ
プラダ
ディオール
フルラ
ミュウミュウ
トッズ
イタリア
ティファニー
マイケルコース
ケイトスペード
コーチ
アナスイ
アメリカ
ロエベ
ルポバルセロナ
スペイン

 

並行輸入品を買う

そもそも並行輸入品が何かご存じでしょうか?

並行輸入品

海外のメーカー・ブランドから正規のルート以外で輸入した商品のこと

正規のルートとは

海外メーカー / ブランド

そのメーカーやブランドの日本法人 / 正規代理店などが直接購入 消費者へ

販売店 / 小売店 消費者へ

のように、海外ブランドとの契約のある企業が買って輸入したものが消費者へ届く形です。

並行輸入品の場合

海外メーカー / ブランド

ブランド直営ショップや取扱店・小売店 消費者へ

メーカーとは無関係の人が購入し輸入 消費者へ

販売店 / 小売店 消費者へ

このように、一般に流通している商品を契約関係のない第三者が買って日本へ輸入した物を言います。

並行輸入品が安いのは価格規制がないためです。
よってショップの価格競争やセールなどの影響で値下げを自由にすることが出来ます。

そのため、並行輸入品を買う場合、海外の発祥国で買うよりは高いですが、日本の公式価格よりも確実に安く買うことが出来ます。

偽物でも粗悪品でもないということがポイントですね!

ただしデメリットとして、
返品や保証などがなかったり、国内正規店ではアフターケアが受けられなかったりすること
が挙げられます。

もしそれらを特に気にしない方であれば、並行輸入品を買うのがおすすめですね!

しかし、並行輸入品と偽った偽ブランド品が流通しているのも事実…

安心して並行輸入品を買うにはどうすればいいでしょうか?

そこで、並行輸入品を購入するおすすめの方法を2つご紹介いたします。

楽天BUYMAで買う

楽天市場やBUYMAでは並行輸入品を取り扱うショップが数多くあり、基本的に偽物ではないため安心して買うことが出来ます。
ポイントもたまるので一石二鳥ですね!

ドン・キホーテで買う

全国的に店舗が展開しているドン・キホーテでは、並行輸入品のブランド品を取り扱っているため、日本の公式価格よりも安く買うことが出来ます。
近所の店舗に気軽に行って買えるのが良いですね!

現地に行く予定がない人やネットや近所で安くブランド品を買いたい人にとってはうってつけの購入方法ですね!

アウトレット品を買う

アウトレット品は品質が悪い、というイメージがありませんか?
実は一概にそうとも言い切れません!

アウトレット品の種類

キャリー品
一般店舗で在庫が余った商品を指します。人気商品ではない可能性はありますが、意外な掘り出しものかも!?

キズ物
プレゼントには不向きですが、よく見なければわからない程度のキズしか付いていない物も多く、あまり気にしない方にとってはかなり安く手に入るのでおすすめです!

型落ち品
ワンシーズン前の商品のことです。

廃盤品
現在製造されていない商品のことです。以前欲しかったけど正規店に置かれなくなった商品がアウトレットで見つかることも!?

アウトレット品は本物であり、安くで変える上に一風変わった商品を手に入れられることがあるため、

お買い物好きで周りとは被りたくない方におすすめです!

本物じゃないとダメ!

さて、ここまで本物のブランド品を安くで変える方法をご紹介しました。

とにかく安く買いたいから偽物でもいい!
どうせそっくりでぱっと見じゃわからないでしょ!

と思っているあなた、ちょっと待ってください!!

偽ブランド品を製造、販売する行為は、「商標権」という権利の侵害に当たり、当然違法になります。

偽ブランド品を購入することも基本的に違法です!

偽ブランド品の購入も違法になる

偽ブランド品を買った人は、「商標法」と「関税法」により罰せられますが、対応がそれぞれの法律で多少異なっています。

商標法の場合

偽ブランド品を商売や仕事として使用することを禁じています

つまり、偽物の商品を個人的に使用することを目的に購入することは法律が適用されず、罰せられません。
少量の商品を一度だけ購入した場合には罰せられる可能性が少ないことになります。

関税法の場合

商標権を侵害する物、つまり「偽ブランド品」の「輸入」を一切禁じています。輸入の目的については限定していません。

そして、罰則が適用されるのは偽物だと知って買ったことが条件となります。ただし買った商品が偽物だったことを「知らなかった」と証明することはなかなか難しいです。

それに、たとえ知らなかったことが証明できても、偽物だとわかった瞬間に税関で没収されてしまいます。

せっかく買ったのに、安物買いの銭失いとはまさにこのことですね(^_^;

避けた方がいい購入方法2選

では、なるべく偽物のブランド品を買わないためにはどうすればいいでしょうか。

以下に、本物と見せかけて実は偽ブランド品だった!という罠に陥りやすい購入方法を紹介します。

メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどのフリマサイトで買う
これらのフリマサイトでは偽物のブランド品が数多く流布していることで知られています。
逆に言えば、これらのサイトにブランド品を出品しようとすると本物であってもまず偽物だと疑われ、判断されてしまうことが多いので気をつけましょう。

海外の露店で買う
海外には日本以上に偽ブランド品が出回っています。
特に海外の露店でとてつもなく安く売られているブランド品は100%偽物なので絶対に手を出さないようにしましょう。

露店でなくても偽物を売っている可能性が日本より高いので、
タグや付属品をチェックするなどして怪しい物だと判断した場合は買わない方がいいです。

海外でブランド品を買う際は必ず正規店で買うことをおすすめします。

まとめ

本物のブランドバッグを日本の公式価格より安くで買う方法をまとめました。

偽物の商品を買っても損するばかりか有罪となるので、絶対に買わないように気をつけましょう。

海外でアウトレット商品を買う、というように組み合わせれば
日本の公式価格の半額以下で本物の商品をゲットすることも夢ではありません!

ぜひ、気になるブランドバッグ激安で手に入れてみてくださいね♪

知らないと損する!ブランドバッグのアウトレット商品はなぜ安い?ブランドバッグが定価よりも安く買えたらとっても得した気分になりますよね。 私自身もアウトレットをよく利用しています。 しかし、注意点...
ブランドバッグはレンタルの時代!話題のラクサスでシェアリングブランドバッグレンタルサービスの中でも、多くのメディアで取り上げられる「Laxus(ラクサス)」をご紹介いたします。日本最大級のバッグシェアサービスであり、国産シェアサービス利用率NO.1の実績を誇る 魅力はどこにあるのでしょうか?...