バッグ・コラム

免税店で安くブランドバックを購入しよう!購入時の注意点とは?

免税店を利用したことはありますか?

海外旅行を経験したことがある人であれば、
もしかしたら立ち寄ったことはあるかもしれませんね。

免税店とは、簡単に言ってしまえば、
税金がかかることなく、商品を購入できる店舗です。

ブランドバッグも例外ではありません。

高級品で価格が高価なものほど、
税金も大きいため、とてもお得です。

免税店で安くブランドバッグを購入しましょう!

そのために、免税店の知識や、
購入時の注意点などをご紹介していきます。

欲しいものを賢く安く手に入れて、
おしゃれを楽しみましょう!

免税店の種類

そもそも免税店とは、
出国する旅行者を対象に、
商品にかかる税金を免除して販売する店舗のことです。

そして、ひと言に免税店と言っても、
いくつかの種類に分かれていることを知っていますか?

店舗がある場所によって、
免除される税金の種類が違います

どのように分けられているのか、
詳しく見てみましょう。

DUTY FREE SHOP

DUTY FREE SHOPは、
空港内にある「空港型免税店」と呼ばれる店舗のことです。

DUTYとは、「関税」のことです。

その名のとおり、関税の他、酒税やたばこ税などが免税されます。

「関税」という税金は、
外国から輸入する貨物にかかる税金のことです。

出国後の空港内や、飛行機内、船内などは、
日本国外とみなされるため、免税になります。

TAX FREE SHOP

TAX FREE SHOPとは、
繁華街などにある「市内免税店」または「消費税免税店」と呼ばれます

TAXは私たちにも身近な、「消費税」のことです。

消費税が免除されるのは、非居住者のみです。

つまり、
旅行などで訪日している外国人が対象で、
輸出する商品は免税する、という考えになります。

大手の百貨店やディスカウントストア、
ドラッグストアやコンビニなどでも消費税免税の店舗があります。

ただ、消耗品に関しては、
免税扱いで購入した場合には、
日本国内にいる間は消費してはいけない

などいくつかの制限があり、注意が必要です。

三越銀座の免税店

2016年1月、三越銀座に免税店がオープンしました。

沖縄県以外では初めての空港型市中免税店
「Japan Duty Free GINZA」です。

訪日外国人の他に、出国予定が確実にあれば、
日本人・日本在住外国人も免税対象となります。

購入の際には、
パスポートや航空券などの提示が必要です。

荷物の受け取りは空港になりますので、
その後も気軽にショッピングを楽しむことができます。

免税店で安くブランドバックを購入しよう

ブランドバッグも免税店で賢く安く購入しましょう!

まず、海外から輸入される商品には関税が
かかる
ため、その分の金額がお得になります。

革製のブランドバッグであれば、
関税率は8~16%ほどです。

その他にも、日本内で購入しようとすると、
送料や消費税10%もかかります。

バッグ本体の金額も大きいため、
付随してくるパーセンテージの金額も馬鹿になりませんよね。

海外のDUTY FREE SHOPであれば、
その分がお得に購入することができる
ということです。

注意点!

ただ、免税店でブランドバッグを購入する際、
注意すべき点もあります。

下の一覧は財務省のホームページ、
税関の免税の範囲についてまとめられたものです。

ブランドバッグの場合、
「その他の品目」に該当しますので、
価格が20万円におさまる品物が免税になります。

ということは、
例えば1つのバッグで30万円を超えるものは、
結局全額に税金がかかってしまいます
ので、注意が必要です。

引用元:財務省、税関ホームページ

免税店で購入する際のポイント

免税店で購入する際に、
押さえておくとさらにお得になるポイントが
いくつかありますので、ご紹介いたします。

円高?円安?

海外旅行に行き、購入を検討するときの
為替レートはチェックしておく必要があります

そのとき円の価値が高く、
円高なのかどうかということです。

そもそも買い物以前に、
海外旅行に出かける際は、
円安の時よりは円高のときのほうが、
すべてにおいてお得に楽しめる

ということを覚えておきましょう。

免税店での支払いは、
基本的にその国の通貨になります。

免税を考えて海外の免税店で購入しても、
結局日本で買ったほうが安かった!
なんてことのないように、円高を狙っていきましょう。

定価はチェックしておこう!

ルイヴィトンやシャネルなどのブランドは、
世界統一価格が決められています。

そのため、どの国で購入しても大きな差は
なくなってきた、と言われてはいますが、
やはり、ブランドの本国では、もともとの定価が違います

そのため、本国で購入したほうが安い、というのが現状です。

特に、ルイヴィトンは、
商品をセールやアウトレットに出すことはありません。

セレクトショップでも
ルイヴィトンのバッグを見ることはできないのです。

そんな「割引」ということが考えられない中、
少しでも安く正規のバーキンを手に入れたい
と思ったら、フランス本国で購入することが得策
です。

まとめ

免税店で安くブランドバッグを購入しよう、
とのことで、いくつかご紹介いたしました。

海外のブランドバッグを購入する際に
かかってくる関税や消費税が
免税店では免税になり、その分安く購入することができます。

注意点やポイントなどもしっかり押さえて、
賢くお得に憧れのバッグを手に入れましょう。

知っているのといないのとでは、
高価な買い物だけに、数万円の差がでてきます。

大きいですよね。

せっかく憧れて、
頑張って自分で稼いだお金で買うバッグ。

賢く上手に手に入れて、おしゃれを楽しんでいきましょう! 

知らないと損する!ブランドバッグのアウトレット商品はなぜ安い?ブランドバッグが定価よりも安く買えたらとっても得した気分になりますよね。 私自身もアウトレットをよく利用しています。 しかし、注意点...