花のある生活

お世話になった先輩に!卒業式に贈りたい花束おすすめ5選

部活の先輩や、個人的にお世話になった先輩の卒業式

どうせなら、感謝の気持ちと一緒に何か贈りたいですよね?

そんなときにおすすめなのが花束です。

キレイでさまざまな種類の花達は卒業式のお祝いに華を添える事が出来ます。

今回は、卒業式に先輩に贈る
おすすめの花束を紹介していきます!

卒業式にあげる花束の相場っていくらぐらい?


先輩の卒業式に花束をあげようと思っても、
一体どのくらいの価格のものをあげればよいか悩んでしまいますよね?

ここでは、先輩達にあげる花束の相場をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

親しい先輩に個人的にあげる花束


親しい先輩に個人的にあげる場合相場としては、
ミニブーケの場合大体1000円~3000円
大き目の花束の場合は、2000円~5000円なります。

自分一人で個人的にあげる場合、ミニブーケの
1000円~3000円のものがちょうどよいのではないでしょうか。

また、友達2~3人と一緒にあげる場合、
一人1000円もだすと、立派な花束をあげることも出来ます。

個人的にあげる場合は、他の人からも花束をもらうかも知れません。
卒業式となると、今まで置いていた荷物の持ち帰りや
卒業証書などで荷物が多くなることも考えられます。

なので、一人であげる場合はミニブーケが多きさも予算的にも
丁度よいサイズ感だと言えます。

また、友達数人であげる場合、一人分の予算はどうするのか?

誰が花屋さんに行き準備するのか、
どのようなイメージで作ってもらうのかよく話し合うことが大切です。

花には、色や種類もたくさんありますので、
大体のイメージを持っていかないと、
思っていたのと違う出来上がりになってしまいます。

先輩の好きな色または、イメージに似合う花をメインに作ってもらうと、
先輩にも喜んでもらえること間違いなしです!

数人であげる場合は、ミニブーケよりも
大きめの花束がちょうどよいでしょう。

・ミニブーケの場合相場は、1000円~3000円
・友達2~3人であげる場合、一人1000円ぐらいがちょうどよい

部活やサークルなどの仲間と全員であげる場合


部活動の仲間やサークルのメンバーなどで、まとめてあげる場合、
先ほどの、大き目の花束2000円~5000円のものがおすすめです。

あげる人数が多ければ多い程、花束も出来るだけ大きい方が
気持ちも伝わりやすいと思います。

大体30人ぐらいの仲間であげる場合、一人200円程だすと、
5000円ほどの大きな花束をあげられます。

また、一人一人1本ずつの花束を用意して、
あげるのもおすすめです。

一人一人が直接先輩に感謝の気持ちを伝えながら、
渡すことで、最後に1本1本が一つの大きな花束になります。

一輪花の場合、大体100円~500円が相場です。

この場合大体の色や花の種類をあらかじめ5パターンぐらい
全体で決めておくと、最後花束になった時にバランスよく
キレイにまとまります。

ただし、1本1本の花を準備する場合一つの花屋さんでは
足りないこともありますので、事前に予約しておくことが必要です。

卒業式の1~2週間前には予約しておくと安心ですよ。

・全体でまとめてあげる場合大きな花束を。
(相場は2000円~5000円)
・一人一人一輪花をあげるのもおすすめ。
(一輪花の場合、花屋に事前に予約しておくことを忘れずに!)

卒業にピッタリの花言葉の花束もおすすめ


花にはそれぞれに花言葉があることをご存じですか?

愛や感謝、別れなど色々な意味があります。

ここでは、卒業式に贈るのにピッタリの花言葉をもつ花達をご紹介していきます。

ぜひ、贈る際の参考にして下さいね!

1.カーネーション

赤やピンクといった華やかな色がある
カーネーションの花言葉には、「尊敬・感動」といった意味があり、母の日に贈る事でも知られていますが、卒業式にもピッタリの花です。

カーネーションの花びらはいくつにも重なり合っており、
お祝いの場にふさわしい華があります。

尊敬している憧れの先輩がいる場合、今までの感謝の気持ち
と一緒にカーネーションの花でいっぱいの
花束をぜひ贈ってあげましょう。

赤のカーネーションだと、華やかな印象に、
ピンクのカーネーションだと優しい雰囲気の印象になりますよ。

2.ガーベラ

 
ガーベラの花言葉には、「希望・常に前進」という意味があります。

これから、自分の夢を叶えるために進学や就職する先輩に向けて
送るには最適の花です。

新しい道に進んでも常に希望を持って前に進んで欲しいという気持ちを
こめて贈りましょう。

また、ガーベラの花は赤やピンク黄色オレンジといったカラーも
たくさんありますので、先輩に似合いそうな色を選んでみましょう。

3.かすみ草


小さな花がたくさんあるかすみ草は、「感謝・幸福」といった意味があります。

花は小さく色も白と主張しすぎない花ですが、メインの花をより
引き立たせキレイ
にみせてくれる効果があります。

はかない印象もあるかすみ草は、別れの切なさもイメージさせます。
お世話になった大切な先輩との別れの気持ちも込めて、かすみ草入りの
花束を贈るのも素敵です。

かすみ草は、赤やオレンジといった派手な色との相性が抜群です。

かすみ草が少し入るだけで、一気に華やかな印象になります。

花束の最後にかすみ草を入れてもらい、今までの感謝の気持ちと
一緒に贈りましょう。

4.スイートピー

スイートピーの花言葉は「門出」という意味があり、
卒業式という新しい門出にはピッタリの花です。

スイートピーの花は、ピンクや紫といったカラーが一般的で、
チョウチョが舞っているような花びらが特徴的になっています。

どこか、はかない印象があるスイートピーは、
大事な人との別れに最適な花です。

今まで一緒に過ごしてきた思い出を振り返りながら、
贈るスイートピーの花束もとても素敵です。

5.バラ


バラの花も色々な種類の色がありますが、
バラはその色によって意味が違ってきます。

ピンクのバラは「感謝・幸福」の意味を
黄色のバラは「友情・平和」の意味を
白いバラは「尊敬・純潔」の意味をそれぞれ持ちます。

バラは主役級の華やかさがありますので、卒業式のお祝いにはピッタリです。

先輩へ伝えたい思いによってバラの色を変えてみるのもおすすめです。

卒業式に贈りたいおすすめの花束


花言葉や、相場をご紹介してきましたが、
ここからは、卒業式におくるのにおすすめの花束をご紹介していきます。

花束は誰かの誕生日やお祝い事がないと、
なかなか自分では買わないからこそいざ選ぶとなると
悩んでしまいますよね?

ご紹介するおすすめの花束たちをもとに
先輩のイメージを思い浮かべながら、参考にしてみて下さいね。

ガーベラやバラをメインにした花束

希望や、感謝の意味を持つガーベラやバラをメインにした花束
は卒業式にはぴったりです。

バラの美しさとガーベラの丸みのあるフォルムのかわいらしさが、
とてもよく合います。

どちらも、色の種類が豊富にあるので、色をそろえてみると
華やかだけど、まとまり感のある印象になります。

ピンクのバラとガーベラを合わせると、優しい印象の花束に、
赤のバラとガーベラを合わせると、華やかでエネルギッシュな印象になります。

先輩のイメージに合わせてカラーも選んでみましょう。

バラとかすみ草の花束


バラとかすみ草の2つの花だけを使った花束です。

花の種類は2種類だけですが、バラは存在感がありますので、
それだけで、とても華やかになります。

バラの花の間にかすみ草をちりばめることで、
より一層華やかなイメージになりますし、
特に、白のかすみ草に赤いバラの組み合わせは、
華やかだけどどこか大人な印象になります。

憧れの尊敬する先輩のイメージにはピッタリだと思いますよ。

スイートピー・カーネーション・かすみ草で華やかに

スイートピーとカーネーションをメインにした花束は
とても華やかな印象になります。

スイートピーはピンクと紫の色をどちらも使い、
カーネーションはピンクや白といったスイートピーに合わせると
統一感のある印象になります。

さらに、周りにかすみ草の花を入れることで、
より一層華やかなイメージになり、
卒業式のお祝いに華を添えてくれる事間違いなしです。

バラ・ガーベラ・チューリップで色鮮やかに


春をイメージするチューリップは卒業式にもピッタリです。

チューリップの花をメインに周りにバラやガーベラを持ってくることで
一気に華やかになります。

チューリップの花も赤や黄色といった色あざやなかものばかりです。

バラやガーベラは、チューリップの色にあえて合わせずに、
色々な色を回りに置くことでもとても華やかな花束となります。

一方で、それぞれの花のカラーを合わせると、華やかだけど
まとまりのある花束になります。

先輩の好きな色で合わせると喜ばれること間違いなしです。

特別な思いがある先輩に周りとは人味違う花束を贈るのも
良いかも知れません。

プリザーブドフラワーの花束もおすすめ


特殊な加工をされた、プリザーブドフラワーなら、
いつまでも、花を楽しめることが出来ます。

生花や葉の部分を特殊な液に沈めて水分を抜いた状態なので、
枯れる心配がありません。

また、生花にはない、青いバラやレインボーカラーの花など、
特殊な技術によってさまざまな色を付けることも可能です。

お値段は、6000円~1万円と少々高めですが、
一生残る記念として、贈るのもおすすめです。

水をあげる必要がありませんので、BOXやバケットに入っていたり、
写真たてや時計とセットになったタイプなど様々です。

インテリアにもなり、手間もかからないので、おすすめです。

まとめ

卒業式に先輩に贈りたい花束をご紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか?

花の種類はさまざまあり、いざ選ぶとなると迷ってしまいますよね。

先輩のイメージや、花言葉をもとに選んでみると、
先輩への感謝の気持ちも伝わると思います。

ぜひ気持ちのこもった花束を贈り先輩に今までの
感謝の気持ちを伝えてみて下さいね!

花のサブスクおすすめ13社を徹底比較!花の定期便で暮らしに彩りを!コロナ禍の影響から以前のような生活を送ることが難しくなっている昨今 当たり前のようにできていた外出も、感染を防ぐため控えている方が多い...