ウォーターサーバーコラム

ウォーターサーバーに衛生面で不安が?正しいメンテナンス方法とは

安心・安全なウォーターサーバー

ご家庭にもかなり普及されていますが、
使っているとちょっと衛生的にほんとに安心?
という不安も出てくるかと思います。

ウォーターサーバーを使用するうえでの不安点やメンテナンスについて調べてみました。

ウォーターサーバーの不安点

ウォーターサーバーのボトルに入っている水の賞味期限は、
メーカーにもよりますが未開封だと半年くらいです。

工場で安心・安全な水にしていると思いますが、

衛生的に大丈夫なのでしょうか?

塩素が入っていない水

水道直結型のウォーターサーバーは、
水道水を使いますので、賞味期限はありません。

水道水には塩素が入っているため、雑菌の繁殖が防げるのです。

一方で、ボトル型のウォーターサーバーの水には塩素が入っていません

塩素によって衛生面が安心になるのですが、
工場では塩素消毒はされないのです。

理由としては、やはり味です。

塩素の入っている水道水は、
どうしても臭いや味はが消えないので美味しいとは言えません。

その場でサーバーを通してろ過されたとしても、味は天然水にはかないません。

工場で加熱殺菌・消毒されたウォーターサーバーの天然水は、
口当たりも良く本当に美味しいですよね。

水道水とは違い、塩素が入っていないため、
給水によってボトル内に入った空気中の雑菌の繁殖を防ぐことができません。

そのため、賞味期限が短いのです

ボトル型は衛生面で心配が

ボトル型のウォーターサーバーの水は、
工場で加熱殺菌・消毒などの処理をされています。

未使用の賞味期限は半年ですが、
使用しだすとなるべく早く使わなければいけません。

理由として、上にも書きましたが水を出すたびにボトル内に空気が入ります。

空気中の雑菌によって、衛生面不安定になります

ですが、ボトルではなく、パック型は給水するたびに凹んでいくので、
空気が中に入ることがありません。

また、ウォーターサーバーの給水口は外側に付いているので、
空気中の雑菌や誤って手を触れてしまうことによって菌が繁殖してしまいます。

雑菌など、衛生面で不安定なウォーターサーバー

ですが、家庭での定期的なメンテナンスをすれば、繁殖を防ぐことができます。

どのような方法があるのでしょうか。

家庭で行うメンテナンス

いつでも安心・安全な水を使うには、

定期的なメンテナンスが必要です。

前面

家庭でできるメンテナンスとして、
毎日でも欠かさずきれいにした方が良い場所があります。

ボトル接続部

ボトルを交換するときに、空気に触れ雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌が付着しているのに新しいボトルを装着してしまうと、
塩素の入っていないボトル内には雑菌が繁殖してしまいます。

水分を拭き取り、アルコール除菌スプレーを吹き付けてしっかり拭き取れば安心です。

給水口

給水口は、空気にいつも触れていますし、誤って触ってしまうことも多いです。

きれいな美味しい水が出てきても、
給水口によって雑菌が付いてしまうのはとても残念ですよね。

取り外しのできるタイプは、食器用洗剤で洗いましょう。

メーカーによっては取り外しができないタイプもあるので、
その場合はアルコール除菌スプレーを吹き付けて拭き取ってください。

細かい部分が上手く掃除できないので、綿棒を使うと良いです。

しっかり除菌すると、安心・安全なおいしい水が飲めますよね。

受け皿

受け皿には、こぼれた水が入っていたり濡れることも多いですよね。

表面は取れない給水口と同じように、
アルコール除菌スプレーを吹き付けて拭き取ります。

受け皿は取り外せるので、
週に2回ほど食器用洗剤で洗いしっかり拭き取ります。

濡れた状態で放置すると雑菌が繁殖してしまうので、
家庭でできるメンテナンスは重要です。

背面

ウォーターサーバーの背面は、網状のカバーが付いています。

電子レンジやファンヒーターなど家電製品は、
背面で放熱しているのでどうしてもその網状のカバーに埃が付着してしまいます。

ウォーターサーバーは電気で水を冷やしたり温めたりしているので、
他の家電製品と同じで埃が網に付着してしまうのです。

掃除機で吸い取ると電気代の節約にもなるので、
月1回程度掃除すると良いですね。

家庭でできるメンテナンスは主に除菌ですが、
メーカーでのメンテナンスはどのようなものなのでしょうか。

メーカーが行うメンテナンスとは

契約後に届くサーバーは新品です。

何年も使用していると、やはり内部の劣化があります。

メーカーメンテナンス

サーバー内部で交換が必要なろ過装置などの部品は、
メーカー担当者が定期的に交換に来てくれます。

また、サーバーの内部は、家庭ではメンテナンスできないため
サーバー自体を交換してくれます。

メーカーにもよりますが、サーバー自体の交換は1~3年です。
契約した同じサーバーをメンテナンスしたものと交換してくれます。

サーバーは、温水・冷水を作るため内部機器の劣化があります。
給水口やボトル接続部なども新しい部品と交換するので、
数年に1度の定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンス不要のサーバー

空気の入らないパック型のサーバーは、
数年に1度のサーバー自体を交換するようなメンテナンスがないものもあります。

ただし、5年同じサーバーを使用するより、
ほかのサーバーに変えるとお部屋の雰囲気も変わりますよね。

新しい機能や、使っていたサーバーより電気代が抑えられたりとメリットもあるので、
メンテナンス不要でもほかの機種に乗り換えるのも良いでしょう。

長期間使用していると、
無料でほかのサーバーに換えてくれるメーカーもあります。

まとめ

いかがでしたか?

衛生面を維持できるよう、
家庭でのメンテナンスはかなり重要なことがわかって頂けたと思います。

安心・安全なウォーターサーバーは、
定期的なメンテナンスでより安心・安全になります。

いつまでも新鮮で美味しい水を飲みたいですね。

ウォーターサーバーの電気代高い?安い?ポイントを抑えてコスト節約!近頃、所々でウォーターサーバーを見ることが多くなってきました。 身近では会社、病院などの施設やまた、健康ブームに伴って自宅でも使ってい...