ウォーターサーバーコラム

ウォーターサーバー水道水直結型はボトル型より便利なのか?安全か?

施設や職場だけでなく各家庭にもかなり浸透してきたウォーターサーバーですが、
最近ではボトルを宅配してくれるだけではなく、
元々ある水道に直結するウォーターサーバーなどが登場し、

まだ家にウォーターサーバーを置いてなかったり、すでに設置はしてあるものの変更しようか迷ってる方にも参考になるように、

水道直結型ボトル宅配型のどちらがより便利で安全なのか、

またどのような特徴があるのか調べてみました。

ウォーターサーバーの特徴

いまさらそんなことわかってるよ!と思われるかもですが、使ったことのない方に少しだけ説明しましょう。

ウォーターサーバーは、いつでも
安心で安全な美味しい水を飲むことができる画期的な機器です。

飲みたいときにすぐに冷たい水でも温かいお湯(温度はメーカーによって様々です)でもすぐ飲めます。

暑い夏にすぐ冷たいお水が飲みたいってなりますよね。
いちいち冷蔵庫開けたりしなくてもすぐ飲めますし、お子さまでも自分で汲めます。

これ、子育てされてるママたちは嬉しいのではないでしょうか。

そして、料理にも安全なお水が使えるので、安心ですよね。

ではこのほかにどんな特徴があるのでしょうか?

「ボトル型」

お水の入ったボトルを玄関先まで宅配してくれます。重い思いをしなくて済みます。

費用面ですが、サーバーレンタル料はほとんどのメーカーが無料

お水のボトルはメーカーによりますが
8~12リットルで料金も1500円~2000円弱そこまで高額ではないかなって思います。

気になる電気代も500円前後とかなり嬉しいですね。

「水道水利用型」

水道水使用のウォーターサーバーは、
水道に直結するものと、サーバーに補充するものがあります。

サーバー補充は直結じゃないのでちょっとめんどくさいかもですね。

費用面ですと、レンタル料がやはりメーカーにもよりますが4000円前後かかります。
お水は現在使っている水道水を使いますし、定額制です。

電気代はボトル型の約倍くらいの1000円前後となります。

ただ、最初に初期工事が必要なところが多いようです。
そして引っ越しなどがあると、撤去費用や移動費用もかかるようです。

サーバーの中にろ過装置があるので、
定期的にメーカーの方がメンテナンスに来ます、
フィルター交換は無料のところもあります。

また、解約料がボトル型に比べて高額になり、
3年以上の長期的に利用される予定がある方がいいです。

特徴だけですと、特に費用面でボトル型のほうがいいかなって思いますが、使い勝手がいいのはどちらなんでしょうか?

それぞれの便利さ

どちらにも言えるのが、上にも述べましたが冷水・温水がすぐに出るってところですね。
冷たいお水を飲みたいとき、お茶や赤ちゃんのミルクを作るのにもすごく便利です。

その他としては、ボトル型ですと、玄関先までお水を宅配してくれます。
天然水などとても美味しいお水が飲めるだけではなく、災害時の備蓄水としても使えます。

ただしボトルは8~12リットルと重く、サーバーに設置するのにちょっと重いですし、
また、ボトルの在庫や空のボトルを置いておく場所を取ります。

水道水利用型は、お水の注文・宅配がないので、
サーバー以外に場所を取ることはありません

補充型はお水をサーバーに入れないといけませんが、
直結型はそのような作業はありません、
しかし、水道直結なので、ホースでつなぐ必要があり、設置場所が選べません。

また備蓄水としても水道が止まった場合、
補充型は補充した分のみですし直結型は使用できません

重い思いをしない水道直結型がいいようにも思えますが、
いざってときには向かないようですね。

では、安全・安心で飲めるお水はどちらなのでしょうか?

水道直結型は安全なのか?

ボトル型の良いところは、天然水やろ過されたお水が新鮮なままパッキングされ、宅配されます。

やっぱり天然水は美味しいですからね!

ただし、賞味期限があります。
メーカーによりますが、未開封だと6か月、開封後は長くても1か月以内の期限となります。

せっかく安全に配慮された美味しいお水なので、注意が必要ですね。

水道水利用型の一番気になる点が、まさに安全性ではないかと思います。
水道水には雑菌がありますが、RO膜でのろ過の実力は、

牛乳を真水に変え、放射能さえもろ過できるそうです。

不純物を99.9%以上除去するとっても安全なお水です。
そして、水道水なのでその場でろ過された新鮮なお水です。

まとめ

いかがでしたか?どちらにも良し悪しがありました。

ボトル型は美味しいお水を宅配してくれて料金的にも安心ですし、
災害時にも備蓄水として使える。
しかし、在庫のお水や空のボトルに場所を取る。

水道直結型は、かなり安全なお水を新鮮なまま飲めるけど、水道分岐なので設置や退去工事にも料金がかかりますし、
水道が止まれば使用する事が出来なくなります。

料金的に目安として毎月48~50リットル以上水を使うのであれば、
定額制である直結型のほうがボトル型よりリーズナブルとなります。

個人的には昨今の異常気象などで水道が使えないとのニュースを1年に1回以上耳にする様な時代なので、災害時にも備蓄水として使える

ボトル型の方が安心を買う意味でもおすすめだと思います。

ウォーターサーバー水道直結型、選び方早わかり!比較とおすすめ3選自宅の水道を繋げて、水道水を浄水して使う、ウォーターサーバーの水道直結型。 以前は、ウォーターサーバーと言えば、大きなボトルを使う分だ...
総合サイト1位のプレミアムウォーターのSNSでの口コミ評価は本当?ウォーターサーバーランキングの総合サイトで、 常に上位の『プレミアムウォーター』 利用者も多いイメージですが、SNSでの口コミ評価は本当なのか!?。 実際はどうなのでしょうか?多くの人から選ばれてる理由、メリットやデメリットをまとめました。...