ヨガ

コロナ太り運動不足対策におすすめ動画10選!お家でトレーニング!

新型コロナウィルスによる外出自粛や、リモートワーク、ステイホームで家で過ごすことが多くなった今、やはり気になってくるのは、コロナ太り」!運動不足」!

一日中座ってばかりで気になる「おしり」、
ついつい食べちゃって出てきた「おなか」、
足がむくむ、顔がむくむ、腰が痛い、肩がこる等々、
いろいろな悩みも多くなってきますよね。

最近では、お家でできる、運動不足解消法や、オンラインのトレーニング講座なども、とても増えてきています。

有名人やスポーツ選手、有名企業等が提供してくれる、運動不足解消のトレーニング動画なども、見掛ける事が多くなってきました!

そこで、この記事では、

✔ 運動不足になると怖い3つのこと
✔ コロナ太りにならないように気をつけたいこと!
✔ 運動不足解消!おすすめ動画 10選

について、ご紹介していきます。

運動不足になると怖いこと

外出自粛生活が長期になると、実感として、コロナ太り運動不足を感じている人も多いと思います。あるいは、体の不調があらわれている人もいるかもしれませんね。

運動不足は、習慣化するとどんな怖い事があるのが、
運動不足のデメリットについて、見ていきます。

筋肉量が減る

運動をしないということは、筋肉を使わないということです。

筋肉を使わないと、筋肉が劣化して、生活に、いろいろな弊害が起こるようになります。

例えば、少し長い距離を歩くのも疲れやすくなったり、
姿勢が悪くなったり、老けてみられることもあります。
足がつる、というのも、症状のひとつです。

また、一度落ちた筋肉を、取り戻すのは、とても大変です。

毎日、少しでも筋肉を意識して生活をすることが大切です。

太りやすくなる

運動不足になって身体を動かさなくなると、
血液の循環も悪くなり、身体に不要なものを体内に溜め込んでしまうことになります。

家の中だと、あまり身体を動かさないので、エネルギー消費量もぐっと減り、基礎代謝も落ちていきます。

食べては溜め込んで、食べては溜め込んでの悪循環となり、お腹周りやおしりなどに、脂肪が蓄積していきます。

生活習慣病のリスクが上がる

運動不足により、基礎代謝もおちて、身体に不要なものを溜め込んでしまうと、
次に怖いのは、やはり生活習慣病です。

代謝が落ちて、内臓脂肪がつきやすくなり、メタボや肥満、糖尿病などの病気の原因となることがあります。

運動不足の状態が長く続けば続くほど、リスクが高くなってしまいますね。
「なんか、最近お腹まわりが太ってきたかも」と感じた時は、自分からの生活習慣病の初期信号と捉えて、注意していかなければなりません。

コロナ太りにならないように気をつけたいこと

では、コロナ太り運動不足にならないために、どんなことに気をつけて生活していくと良いのでしょうか?

カロリーを取り過ぎない

外出自粛で家にいると、ついつい食べちゃって、という事、ありますよね。
リモートワークで、仕事の合間につい間食したり、通勤がないから、夜、お酒を飲みすぎちゃうということもありますね。

外出自粛前と比べたら、一日の活動量は、減少しています。

エネルギー消費量が減っているのに、ついつい食べちゃった!という生活を繰り返していると、身体に余分なものを蓄積してしまい、太る原因になります。

一度、自分が一日に食べている物を見直してみましょう
動いてないのに食べ過ぎてないか、カロリーオーバーになっていないか、
食べた物を把握することも大切です。

自分の体重を把握する

自分の体重は把握していますか?
自分の体重を知る事は、コロナ太りを防ぐバロメーターになります。

定期的に体重計にのって、自分の体重を測定すると、生活に対する意識も高まりますよ。

出来れば2日に1回は測るようにすると良いと思います。
体重が増えると、食生活を見直すきっかけになるので、おすすめです。

毎日、10分でも運動する

短い時間でもいいので、毎日運動することを決めて、習慣化するのが理想的です。
一日たったの10分でも、身体を動かすことで、生活習慣病の予防の効果があるそうですよ!

生活習慣病の予防などの効果は、身体活動量(「身体活動の強さ」×「行った時間」の合計)の増加に従って上昇する3)。長期的には10分程度の歩行を1日に数回行なう程度でも健康上の効果が期待できる。

引用元:厚生労働省

なかなか時間がとれなかったり、外に出て運動するのが少し面倒と感じる人もいるかと思います。

この外出自粛の中、家で運動ができる「おうちトレーニング」の動画や、
オンライン講座も増えてきています。

短めの動画が多く、家の中で、気軽にいつでも始められるのが、メリットです。

毎日たった10分でも運動することを習慣化して、コロナ太りを撃退していきましょう!

コロナ太りと運動不足対策、おすすめ動画10選!

コロナ太り運動不足対策のおすすめ動画を10個、ご紹介します。

自分に合う動画をみつけて、毎日簡単な運動をする習慣を身に付けることが、コロナ太りを防ぐ近道です。

ハンドクラップダンス

やっぱり超イチ押しは、昨年Twitterでも話題になり、ブレイクした「HANDCLAP」。

両手を大きく広げ、手をたたき、体の後ろや前で足にタッチ!、ジャンプしてタッチ!と、
全身を使って大きく動きますが、音楽もとてもリズミカルで、とにかく、楽しい!

有名人や大物You tuberも、「ハンドクラップ踊ってみた」動画で盛り上がってます。

2週間で10キロやせる効果があるという事ですよ!
「ハンドクラップダンス」の太もも痩せバージョンも一緒にご紹介します。

MuscleWatching(マッスルウォッチング)

チャンネル登録数100万人超えの「MuscleWatching」(マッスルウォッチング)。

おすすめな理由は、動きがきつくない!という事。
女性向けの動画で、寝たままとか、座ったままなど、簡単な動きで、脂肪を燃焼!引き締まった体を目指せます!

Rola Official

タレントのローラさんのYoutubeチャンネル。
ローラさんと一緒なら、トレーニングのモチベーションも上がりますね。

EXILE NAOTO オネストTV

ガッチガチに体を鍛えたいなら、こちら。
トレーニングの基礎知識もがっちり学べます!
EXILEのなおとさんの素のトークも、見どころです!

美容整体師川島さん。

リモートワークをしていると、顎や首のたるみが気になったりしませんか?

女優の石原さとみさんもやっているという、顎ラインを綺麗にする体操です。
隙間時間に簡単にできます。
美容整体師の川島さんの動画は分かりやすいのでおすすめです。

40代からの動ける体チャンネル

パーソナルトレーナー、整体師、カウンセラーの顔を持つ大内美紀子さんのチャンネル。
特に、お腹周りが気になる方におすすめです。

こんさん【ととのえて、からだ。】

渋谷のパーソナルジムのトレーナー「こんさん」

ボクシングなどの動きも取り入れ、スピード感のある動きで、終わった後の達成感が気持ちいいです!

激しく動きたい人におすすめです。

Yogalog

日本最大のヨガレッスン動画サイトの「Yogalog」

激しい動きではなく、リラックスしながら運動不足を解消したいなら、やっぱりヨガです!

チャンネル内の動画数も多く、自分の悩みや目的に合った動画を見つける事が出来ます。
雰囲気も最高です!

Bi! Essential Movement by Rina Ohkuma

見ているだけで綺麗になれる気がする、
そんなチャンネル、「Bi! Essential Movement by Rina Ohkuma」

大熊理名さんが、アメリカの雰囲気満点で、トレーニングや、リンパの流れなど、美しくなる情報を公開しています。

美意識が高い女性におすすめです!

RIZAP(ライザップ)公式チャンネル

トレーニングと言えば、「RIZAP」ですよね!

自宅でトレーニング動画を見れるのは、嬉しいですね!

時間も短めのトレーニングメニューで、しっかりスケジュールを立てて、
しっかり目標をもってやりたい人におすすめです。

まとめ

外出自粛となった今、オンラインで動画が見れたり、何でも出来ることへの有難さを感じる一方で、コロナ太り運動不足という、新たな課題も出てきました。

技術の進化とともに、自分の身体への気遣いや管理も、同じように進化していく時代です。

コロナ太りや運動不足を防ぐポイントを、最後にまとめます。

✔ 食事の見直しと体重管理
✔ 毎日10分でも、運動の習慣化

ステイホームもいつまで続くか分かりませんが、
不安やストレスを持たず、問題をひとつひとつ工夫して解決をしながら、楽しんで過ごしていくことが、とても大切です。

楽しみながら、運動不足を解消していきましょう!

この記事が、コロナ太りや、運動不足が気になっている人の、お役に立てると嬉しいです。

リモートワークの運動不足解消おすすめ5選!オンラインでヨガも?最近では、すっかり定着してきた、リモートワーク。 長期になってくると運動不足が気になりますね。 満員電車の苦痛から解放されて、嫌な先...